HDD増設 IDEケーブルの説明



■PC、周辺機器ショップ一覧
HDDを繋ぐIDEケーブルの説明


まずIDEケーブルを見てください。
平べったい線の塊がIDEケーブルです。
通常HDD側に二個HDDを繋ぐことが出来ます。下の写真をご覧下さい。


HDDからIDEケーブルを外してみた写真です。
ソケットが二個あるのがわかります。それぞれシステムがインストールされているHDDはマスター、増設側はスレーブにして繋ぐとWindows側で認識出来ます。

またCDやDVDに接続されているIDEケーブルを利用することも出来ます。それぞれマズター・スレーブ設定に気をつければどちらのIDEケーブルに繋いでいただいてもOK。

但し、Windows98/ME/の場合、起動ディスクからパーティッションを作成しないと認識するとこが出来ません。(fidisk操作方法はこちら
HDDのマスター設定スレーブ設定方法はこちら

これdo台関連 付属品/HDDコピーサンプル/IDEのケーブル説明/HDDを二台繋ぐ例

<< 前のページを表示

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader