Pentium4 HT






CPU一覧
Pentium4 HT
PentiumD登場までインテル主力のプロセッサでしたが、Athlon64同モデルナンバーよりもパフォーマンスが劣るとの不評が多かったプロセッサ。HTによる仮想デュアルプロセッサとしてWindowsXP上で二個プロセッサを認識させる事が出来るのが特徴。
※赤文字表記はEM64Tサポートしないタイプで注意が必要です。
また、プロセッサナンバー別にVTやEIST等の拡張命令が実装される。
プロセッサナンバ/動作クロック/二次キャッシュ/システムバスクロック数/ソケット/プロセスルール
672 / 3.80GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm(VT・EIST)
670 / 3.80GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
662 / 3.60GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm(VT・EIST)
661 / 3.60GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 65nm(VT・EIST)
660 / 3.60GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
651 / 3.40GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 65nm(VT・EIST)
650 / 3.40GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
641 / 3.20GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 65nm(VT・EIST)
640 / 3.20GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
631 / 3.0GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 65nm(VT・EIST)
630 / 3.0GHz / 2MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
571 / 3.80GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm 
571J / 3.80GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
561 / 3.60GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm 
560 / 3.60GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
551 / 3.40GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm 
550 / 3.60GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
541 / 3.20GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
540 / 3.20GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
531 / 3.0GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
530 / 3.0GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
524 / 3.06GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
521 / 2.80GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm
520 / 2.80GHz / 1MB / 800MHz / FC-LGA / 90nm ※EM64T無し
主な拡張命令は
EM64T 64bitOSの導入が可能
HT 仮想デュアルプロセッサ

PentiumDリリースでもはや選択候補にはならないものの、中古関係ではまだまだ主流のプロセッサと言え、システムバスクロック数も800MHzをパソコン全体の高いパフォーマンスを得るkとが出来ます。。一般的な用途(エクセル、ワード、画像編集)であれば目安的に2.8GHz以上、3Dゲームや動画編集、CAD、CG関連であれば3.4GHz以上が狙い目だと思います。
スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader