ヘルプテスク
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.337] Re^2: はじめまして 投稿者:あかかげまる  投稿日:2004/09/23(Thu) 18:47
[関連記事

> バッテラさん初めまして(^^)
> 私もまだprintf以外にまともに使える関数がまだ有りません(^^;
> ご指摘の余りを求める計算に付いては、私が整数について理解出来ていなかった為です。
> 整数剰余の求め方は
> http://docs.hp.com/ja/B3906-90007/ch02s05.html#nwvjf344haas
> -----------------------------
> 2.5.3 剰余演算
> 剰余演算は、誤差のない剰余機能です。ゼロでないyに対して、剰余r = remainder(x, y)は、次のように定義されます。
>
> r = x - y * n
>
> ここでnは、x/yの正確な値に最も近い整数です。|n - x/y| = 1/2の場合、nは偶数となります。rがゼロの場合、その符号はxの符号と同じになります。
>
> 次に例を2つ挙げます。
>
> 1.6/2.0の結果に最も近い整数は1です。従って、1.6と2.0の剰余は、1.6 - (2.0 * 1)、すなわち-0.4となります。
>
> 5.0/2.0の結果に最も近い整数は2です (正しい結果は、2と3の中間値になるので、nは偶数になります)。5.0と2.0の剰余は、5.0 - (2.0 * 2)、すなわち 1となります。
>
> 剰余演算の結果は、丸めモードの影響を受けません (結果は常に正確であり、丸めは演算結果に関係しません)。
>
> -----------------------------
>
> という事であっていますでしょうか?
>
> まだ理解出来ていないので外しているかもです(^^;
> 一様自分なりに理解した範囲では
>
> 6÷6=1 余り0
> 6÷7=0.8571 整数余り= 6-(7*0)余り6
> 1÷3=0.3333 整数余り= 1-(3*0)余り1
> 145÷9=16.111 整数余り= 145-(9*16)余り1
> 通常の数学理論で求める結果の近い数字nを求め
> 余りr = x - y * n
> と言うことでいいんですよね(^^;;;
> このような計算方法があるとは・・
> ますますC言語がわからなくなってしまいました(涙
> ご教授有難うございました(^^)

バッテラさんこんばんわ。(^^)
一応今日テストしまくって見たのですが、、
上記の式に小数点以下を切り捨てたものをあてはめて剰余を計算してみたところ全て上手く謎が解けました。
バッテラさんのご指摘がなければ永遠に判らなかったと思います。(^^;
早速ページの方に訂正を入れてアップさせていただきました。
本当に有難うございます。(^^)


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
文字色
Eメール 公開または未記入   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ内には上記と同じURLを書き込まないで下さい

メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー