イーマシン改造 マザーボード取り付け






マザーをPCケースに取り付ける前に、かならずインターフェースパネルを取り替える必要があります。中古を除く購入したマザーボードには必ずマザーに合わせたパネルが付属しますのでそれと交換します。


以下の様に外側から押さえる事で簡単に外れます。


次にマザーに付属しているパネルに付け替えます。


以下の様に押さえ込むことで嵌め込みする事が出来ます。
※ATXケースでは如何なるインターフェースパネルも合うように設計されているので、ASRock以外のマザー(ATXであることが条件。※BTX規格もあるので購入時は注意が必要)のパネルも問題なく合います。


パネルの取り付けが完了出来ましたら、配線類をマザーボードの下敷きにならない様PCケースに入れます。


マザーをPCケースに入れましたら、インターフェースパネルにきちっと収まるように押さえてやります。且つネジ穴と合うかを一度確認。
※もし万が一、マザーボードの四隅に合うネジ穴一箇所でもネジ穴がない場合は、スペーサをネジ穴の無い箇所に先に入れてネジ留め(マザーの足にします)してからPCケースに入れてください。さもないとマザー裏側のスチールにマザーが接触すると故障の原因になります。


ネジ穴がそれぞれ見えましたら、まず一箇所だけ仮締めします。(※先に一箇所きつく固定すると他のネジ穴をあわすことが出来なくなる可能性がある為です)


全てネジを固定出来ましたら、仮締めしたネジも硬く止めてマザーの取り付けは完了です


J4325カスタマイズレポート:/マザーボード交換レポート/マザーボードの配線を取り外す作業/865チップセットのCPUを交換する説明/マザーボード取り付け/パワースイッチや内部USBの接続/マザーボード交換作業完了
スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader