3Dゲーム nVIDIA GeForce ATI RADEON GUP説明







2006/4/8
新しい技術を取り入れたMSの新しいゲームRise of NationsR: Rise of Legends
http://www.microsoft.com/games/pc/riseofnationsrol.aspx
必須グラフィックには64 MB video card with hardware transform and lighting requiredとしっかり明記。
PhysX物理プロセッサ。ハードウェアT&Lの復活です。今後ゲーマーの皆様には注意が必要です。
現行のGeForce、RADEON GPUには新型のハートウェアT&Lへの対応が出来ません。

GPUは3D専用アーキテクチャーを処理する為の、言わばゲーム専用グラフィックチップの事です。

その昔、3Dゲーム専用グラフィックで有名だった3dfxのvoodooシリーズはGilde(今の言うDirectX 9)と言うアーキテクチャで3Dを処理するように出来ていて、通常のgildeを処理できないグラフィックチップだと、まったく3D表現が出来ない状況でのゲームを余儀なくされました。gildeゲームサンプル

現在の3Dゲーム表現の主流であるDirectX 9アーキテクチャを、処理するGPUを搭載していないタイプのパソコンでは、幾ら高性能なCPU(例:Pentium4・Athlon64)を搭載していても、近年の3Dゲーム(オンラインゲーム)はまともにプレーできませんし動作さえしない事もあります。

しかしながら一言でGPUと申し上げても多数の種類があり、処理能力や搭載メモリー容量によって、3Dゲームが快適に動作するしないと言う事もあります。また、プレーするゲームによってはnVIDIA製を推奨しているゲームもあるので、プレーしたいゲームによって選ぶように注意しないといけません。

ここで主に取り上げるGPUは、nVIDIA製品とATI製品で且つDirectX 9(詳細はこちら)に対応しているものを紹介しております。他メーカーのグラフィックカードに付いては情報不足&主流ゲームに対応可否の確認が出来ない為取り上げられないのでご了承の程お願い致します。

※インテルの最新チップセット(インテル(R) 915G Express チップセット)に搭載されるオンボードグラフィックコントローラー(インテル(R) GMA 900 グラフィックス)はDirectX 9対応のGPUとなっております。(詳細はこちら

※2、高性能なGPUを搭載しても、周辺機器環境の性能が低い場合、3Dゲームが正しく動作しない場合があります。詳細は各ゲームメーカーホームページにて推奨環境をご確認の程お願い致します。

※3、Shader Model 3.0は2005/7/11現在 GeForce 6シリーズ 7シリーズのみ対応です。グラフィック描画の違いに付きましてはこちらを参照してください。

nVIDIA GeForce


ATI RADEON

nVIDIA GeForce 7800 GTX (PCI Express)
基本性能
コアクロック:430MHz/メモリクロック:1.2GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス幅256bit

CineFX 4.0
Microsoft DirectX 9.0 Shader Model 3.0対応
ピクセルシェーダ : 24基
バーテックスシェーダ : 8基

注意:モニタインターフェースはDVI×2となり、D-Subミニ15のモニタは変換アダプタ(D-Subミニ15→DVI)が必要になります。 

コメント:画像処理速度に影響する、ピクセルシェーダーを24基搭載し驚くべきパフォーマンスを叩きだせるとの事。しかしながら、リリースされたばかりの為、もう少し様子見がベスト。

ATI Radeon X850 (AGP PCI Express 二種類有り)
種類:X850XT Platinum Edition X850XT X850PRO
各モデル基本性能
■X850XT Platinum Edition→コアクロック:540MHz/メモリクロック:1.18GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス256bit
■X850XT→コアクロック:520MHz/メモリクロック:1.08GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス256bit
■X850PRO→コアクロック:520MHz/メモリクロック:1.08GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス256bit

コメント:ATIの最高峰グラフィックチップ。コアクロック数が高めに設定されているものの、、需要も少なく特に選択する理由もありません。現状X800XT・PROを選択するのがベスト。
nVIDIA GeForce6800 (AGPバス対応)
種類:6800Ultra 6800GT 6800
各モデル基本性能
■6800Ultra→コアクロック:400MHz/メモリクロック:1.1GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス:256bit
注意:6800Ultraモニターインターフェース:DVI×2 D-Subアナログインターフェースは搭載無し。
■6800GT→コアクロック:350MHz/メモリクロック:1.0GHz/
256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス:256bit
■6800→コアクロック:325MHz/メモリクロック:700MHz/128メモリ搭載/メモリバス:256bit
GeForce6800関連の記事は→こちら

CineFX 3.0
MicrosoftR DirectXR 9.0 Shader Model 3.0対応

コメント:満を持してのデビュー。新型コア採用のGeFroce6800シリーズ。価格的にも魅力的です。ヘビーゲーマー向け。
 
ATI RadeonX800 (AGP対応 PCI-Express 二種類有り)
種類:X800 XTPremium Edition X800XT X800 Pro X800SE
各モデル基本性能
■X800 XT Premium Edition→コアクロック:520MHz/メモリクロック:1.12GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス:256bit
■X800 XT →コアクロック:500MHz/メモリクロック:1GHz/256MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス:256bit
■X800 PRO→コアクロック:475MHz/メモリクロック:900MHz/256MB GDDR3搭載/メモリバス:256bit
■X800 SE→コアクロック:425MHz/メモリクロック:800MHz/256MB GDDR3メモリ搭載(一部128MBメモリタイプあるようです)/メモリバス:256bit

コメント:GeForce6800の対抗製品。高パフォーマンスが期待できるものの、価格的にはGeForce6800の方が魅力的。ヘビーゲーマー向け。

nVIDIA GeForce6600 (PCI-Express AGP 二種類)
種類:6600GT 6600
各モデルの基本性能
■6600GT→コアクロック:500MHz/メモリクロック:1.0GHz/128MB GDDR3メモリ搭載/メモリバス:128bit
■6600→コアクロック:300MHz/メモリクロック:500MHz/128MB DDRメモリ搭載(256MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit

CineFX 3.0
MicrosoftR DirectXR 9.0 Shader Model 3.0対応

コメント:FXシリーズのさらにパワーアップしたミドルクラスグラフィック。新型のPCI-Expressバスを搭載しているなら、非常に魅力的なグラフィックカードです。DirectX 9x以上対象とする最新の3Dゲーム・オンラインゲームに最適。
ATI RadeonX700 (PCI-Express 対応)
種類:RADEON X700 XT、RADEON X700 PRO、RADEON X700
各モデル基本性能
■XT700XTコアクロック:475MHz/メモリクロック:1050MHz/256MB DDR 3 メモリ搭載/メモリバス:128bit
■X700Proコアクロック:420MHz/メモリクロック:860MHz/256MB DDR メモリ搭載(128MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit
■X700コアクロック:400MHz/メモリクロック:700MHz/256MB DDR メモリ搭載(128MB搭載タイプあり)/メモリバス128bit

コメント:価格的に微妙。もうワンランク上のX800シリーズを選択された方が良いかもしれません。
nVIDIA GeForce6200 (PCI-Express 対応)
種類:6200
基本性能
■6200→コアクロック:300MHz/メモリクロック:400MHz/128MB DDRメモリ搭載(256MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit

コメント:GeForce6×××シリーズのバリューモデル。低コアクロックで発熱は少ないものの、最新の3Dゲームには少々苦しい。一般ユーザー向け。



ATI RADEON X600 (PCI-Express 対応)
種類:X600XT XP600Pro
各モデル基本性能
■X600XTコアクロック:500MHz/メモリクロック:740MHz/256MB DDRメモリ搭載(128MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit
■X600Proコアクロック:400MHz/メモリクロック:600MHz/256MB DDRメモリ搭載(128MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit

コメント:ヘビーゲーマー且つ利用のPCがPCI Expressの搭載で有れば、こちらのX600XT以上が最適。


nVIDIA Geforce FX5900XT (AGP) PCI-Express対応製品PCX59××
種類:FX5950Ultra FX5900XT FX5900 PCX5900
基本性能
■FX5950Ultra→コアクロック:475MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit
■FX5900XT→コアクロック:390MHz/メモリクロック:680MHz/128DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit
■FX5900→コアクロック:450MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit
■PCX59××→コアクロック:350MHz/メモリクロック:-z/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit

コメント:高価なグラフィックカードの為、ヘビーゲーマー向けだと言えます。最新のDirectX 9x以上対象のゲームに最適



ATI RADEON X300 (PCI-Express 対応) 
種類:X300 X300SE
各モデル基本性能
■X300→コアクロック:325MHz/メモリクロック:400MHz/- DDRメモリ搭載/メモリバス128bit
■X300SE→コアクロック:325MHzz/メモリクロック:400MHz/- DDRメモリ搭載/メモリバス68bit

コメント:3Dゲームは可能ですが、高性能では無い為、DirectX 9x以上対象とする最新の3Dゲーム・オンラインゲームには向かない可能性が高い。一般ゲームユース向け。
nVIDIA Geforce FX5700 (AGP) PCI-Express対応製品PCX 57××
種類:FX5700Ultra FX5700 FX5700LE PCX5750
各モデル基本性能 
■FX5700Ultra→コアクロック:475MHz/メモリクロック:950MHz/128MB GDDR3メモリ搭載/128bit
■FX5700→コアクロック:425MHz/メモリクロック:500MHz/256MB DDRのビデオメモリ搭載/メモリバス128bit
■FX5700LE→コアクロック:250MHz/メモリクロック:-/128MB DDRのビデオメモリ搭載/メモリバス64bit

■PCX57××→コアクロック:425MHz/メモリクロック:-/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス128bit

コメント:DirectX9x以上を対象とする最新の3Dゲームやオンラインゲーム向けに適していると言われるクラスです。一般ゲームユーザー向け。
ATI RADEON 9800 (AGP)
種類:9800XT 9800Pro 9800
各モデル基本性能
■9800XT→コアクロック:412MHz/メモリクロックが730MHz/256MB DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit
■9800Pro→コアクロック:380MHz/メモリクロック:680MHz/128MB DDRメモリ搭載(256MB GDDR2メモリ搭載タイプあり)/メモリバス:256bit
■9800→コアクロック:325MHz/メモリクロック:580MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:256bit

コメント:X800及びGeForce6800登場により3Dゲーム最強の座を奪われてしまった9800ですが、やはり性能面では一目置ける存在です。グラフィックドライバーが成熟したのに伴い、価格の下落が著しい今、一押しのグラフィックカードです。ヘビーゲーマー向け。

nVIDIA GeForceFX 5500 (AGP) 
種類:FX5500
基本性能
■FX5500→コアクロック:270MHz/メモリクロック:-/128MB DDR(256MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit

コメント:DirectX 9xに対応していますが、最新のゲームをプレーするには少々ストレスを感じるかもしれません。一般ゲームユース向け。





ATI RADEON 9600 (AGP)
種類:9600XT 9600Pro 9600 9600SE
各モデル基本性能
■9600XT→コアクロック:500MHz/メモリクロック:600MHz/128MB DDRメモリ搭載(256MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit
■9600Pro→コアクロック:400MHz/メモリクロック:600MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:128bit
■9600→コアクロック:325MHz/メモリクロック:400MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:128bit
■9600SE→コアクロック:325MHz/メモリクロック:400MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:64bit

コメント:ずばり9600XTは買い。DirectX 10のリリースも間近の為、その間のつなぎのグラフィックとしても最適。ミドルゲーマー向け。
nVIDIA Geforce FX5200 (AGP) PCI-Express対応製品PCX 53××
種類:FX 5200Ultra FX5200 PCX5300
各モデル基本性能
■FX 5200Ultra→コアクロック:325MHz/メモリクロック:350MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:128bit
■FX5200→コアクロック:250MHz/メモリクロック:350MHz/128MB DDRメモリ搭載(64MB搭載モデルあり)/メモリバス:64bit
■PCX5300→コアクロック:250MHz/メモリクロック:350MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス64bit

コメント:最新の3Dゲームにはストレス感が出ます。一般ユース向け。

ATI RADEON 9550 (AGP)
種類:9550 9550SE
各モデル基本性能
■9550→コアクロック:250MHz/メモリクロック:400MHz/128MB DDRメモリ搭載(256MB搭載タイプあり)/メモリバス:128bit
■9550SE→コアクロック:250MHz/メモリクロック:-MHz/128MB DDRメモリ搭載/メモリバス:64bit

コメント:DirectX 9xに対応しているものの、最新の3Dゲームには推奨できません。。一般ユーザー向け。


NVIDIA SLI (PCI-Express 対応) 
nForce4 デュアルPCI-Expressバス搭載マザーのみ対応

NVIDIA マルチGPU対応グラフィックコントローラGeForce 6シリーズのみ

NVIDIA SLIシステムは、2枚のNVIDIA製PCI Expressグラフィックスカードを差し込むことができる2つの物理コネクタを搭載したPCI Expressマザーボードを搭載しています。NVIDIA SLIコネクタと併せて、2枚のグラフィックスカードは、1台のモニタを動かし、驚くべきPC性能をもたらします。



ATI RADEON 9200/9250 (AGP)

GeForce440/4000


両製品に付いてはDirectX 8.0(※RADEON 9200/9250は一部対応製品があるようです)までの対応となりDirectX 9xのゲームには対応出来ません。購入の際はご注意ください。

▲ページトップへ

スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader