内蔵ハードディスク(HDD)の増設や交換方法






ハードディスクの交換や増設(※)には幾つかの方法があります。ここではバルク製品と呼ばれるハードディスク(HDD)の交換&増設穂方のヒントをご紹介致します。
(※:増設にはPC本体に拡張ベイと言うものが必要です。もし拡張ベイが無い場合はUSB HDD IEEE1394 HDD 等の外付けで対応。 拡張ベイサンプル写真はこちら

3.5インチ ハードディス

※このコーナーでは現在のS-ATA HDD に付きましてはレビューは存在しません。

何処かの方にご迷惑をお掛けしたようなのでお詫びの意味も込めて、シリアルATA(S-ATA) 簡易説明をさせて頂きました。

とりあえずインテルチップセットのみ。VIA、nforce、sis関連は後日アップしてみたいと思います。

S-ATAはマザーボードに搭載されているサウスブリッジコントローラでそれぞれ対応出来るHDDが異なります。
インテルチップセットに内蔵されるサウスブリッジコントローラ別大分類の説明(マザーメーカーによってはサポートしない場合もあるので、説明と食い違う部分はご了承の程お願い申し上げます。それぞれの動作モード詳細につきましてはマニュアルを参照くださいませ)

※以下の言うU-ATAは総じてIDEケーブルで接続できる機器を指します(HDD、DVDドライブ、CDドライブ)。

ICH5 / ICH5R コントローラ (R付加のコントローラはRAIDを利用することが出来る)
サポートインターフェース "SATA 150"
Port0とPort1と2つのPortに最大2台のSATA HDDが接続可能
S-ATA BIOS 設定モードサンプル

ICH6/ICH6R (RはRAIDサポート)
サポートインターフェース "SATA 150"
Port0/Port1/Port2/Port3と4つのPortに最大4台のSATA HDDが接続可能
ICH6RをRAIDモードで動作の場合はPort0/Port1しか動作しません。
S-ATA BIOS 設定モード
ICH7/DE/DH/DO/R (ICH7/DO RAID機能は無し)
サポートインターフェース "SATA-2"
Port0/Port1/Port2/Port3と4つのPortに最大4台のSATA HDDが接続可能
ICH8/DH/DO/R (ICH8R および ICH8DH のみ NCQ、RAID 0、1、5、10をサポート)
サポートインターフェース "SATA-2、External SATA (eSATA)"
Port0/Port1/Port2/Port3/Port4/Port5 最大6(インテル参照) GIGABYTEの場合 8ポートとありますが確認中です。すみません。
動作モード現在確認中です。
スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader