PCケースのインターフェースパネル交換





PCケースのインターフェースパネル交換

マザーボードをパソコンケースに取り付ける作業です。
取り付けるコツとしましては、プロセッサをまずマザーボードにはめ込んでからPCケースに取り付けると作業が楽になります。
その前に、、まずPCケースのインターフェースを交換しなくてはなりません。マザーボードが入っている箱にマザーボードの企画に合ったインターフェースパネルがあるのでPCケースに取り付けします。


手に持っているのがインターフェースパネルです。PCケースのものとは異なるのでこれを交換しておかないとLANやUSBアダプタを差し込むことが出来なくなるので必ず交換してからマザーを取り付けます。


もともとPCに取り付けしてあるインターフェースパネルは、はめ込んでいるだけなので押すと簡単に取り外しすることが出来ます。(パネルに返しが無いので指を切ってしまう事があるので注意が必要)


以下のように内側からインターフェースパネルをはめ込みます。


インターフェースパネル取替え完了でいよいよマザーボード取り付け作業開始となります。
余談ですが、もし面倒であればインターフェースパネルは外したままでもパソコンは動作します。ただインターフェースパネルを外したままパソコンを動かすとホコリがPC内部にたくさん入ってしまうので、掃除関連を豆に行う必要があります。

自作レポートメニュー トップはこちら
PCケースのインターフェースパネル交換 / LGA775 マザーボード取り付け作業 / LGA775 マザーボードの配線

お勧め自作キット販売リンク:
フェイスこだわり組立てキット : 注文時に必ず作れる組立キット 完全組み立てサポート \4,800 を選択すれば、初心者でも必ず完成させることが出来ます。

ツートップ特選組み立て手順ビデオマニュアル付き自作キット : 組み立てバリエーション豊富。Pentium・Celeron・Athlon・Sempron・好みに会ったタイプのパソコンを作ることが出来ます。詳細なマニュアルとビデオが付属するので初心者も安心して完成させることが出来ます。

全国35店舗 ドスパラ : ドスパラで販売している製品を組み立てキットにしたものです。パーツの相性もよく詳細な組み立てマニュアル付属。お勧めです。
※自作キットは基本的にOS(例:Windows等)は別売りです。必要な場合は一緒に注文出来ます。

スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader