自作パソコン CPU取り付け





DOSパラ組み立てキットレポート
CPUをマザーに取り付けます。
↓がCPUです。


マザーの赤枠の所(CPUソケット)にCPUを嵌め込みます。
この写真ではわかりにくいのですが、四隅の内二つの形状が異なります。CPUも同じ形状にピンが出ているので、その形に合わせて差込ます。(※もう一枚下の写真参照)



CPUの裏とソケットの形状、、四隅をあわせます。


CPU取り付けです。
CPUソケットの横に「棒」が有ります。
この棒を気持ち手前に引き、上に上げます。



「棒」をあげて下図の様にCPUを乗せます(※強引に差し込んではいけません!)。
※CPUはソケットに軽く乗せる感覚で差込します。



そして「棒」を再び寝かせてCPU取り付けは完了です。


※ワンポイント
CPUをほんの気持ち軽く引っ張り外れなければ正常に取り付けは出来ています。


DOSパラの組み立てキットレポート
次にCPUファンを取りつめます。
この作業は二番目に無塚しい作業です。なぜならCPUファンを取り付ける金具が異常に硬いのに加え、いきよい余ってマザーを壊したり、CPUファンを止めるツメを壊す事も有ります。
私は過去にコンデンサーを折ったことと、ツメを折ってしまったことがあります。
CPUファンを取り付けます。
ツメを引っ掛ける金具ですが、上から押さえる引っ掛け金具があるほうを後から、CPUソケットのツメに引っ掛けます



下の写真は、後からCPUソケットのツメに引っ掛ける金具側の写真です。
少し見えにくくて申し訳ないのですが、マイナスドライバーなどで引っ掛ける金具が有ります。



CPUファンを取り付ける際、赤枠のようにそれぞれあわせます。
右側のくぼんだ所。CPU中央のコアとCPUファンの熱伝導グリス

熱伝導グリスは別売りで有りますので、Athlon系CPUの場合はたっぷり塗ると良いですよ。



CPUファンの片側の金具を先にCPUソケットのツメに引っ掛けます
次に片側の金具をマイナスドライバーなどで上から押さえ引っ掛けます。
※このとき余り力任せに押し込んではいけません。CPUのツメの外側に開く気持ちで押し込むとオ幕引っかかります。
※2、夏場はこの作業で、汗がマザーの上に落ちる事が有ります(故障の原因になります)。夏場は頭にタオルをして作業すると良いですよ。




CPUファンの取り付けが完了できましたら、CPUファンコネクターをマザーボードに差込ます。
写真では見えにくいですが。「CPU」と書いた三本ピンにソケットがCPUソケットの近くにあります。そこに差し込みます。


ソケットは溝があるので、逆に説けることは出来ませんのでご心配なく。


▲自作メニューへ

お勧め自作キット販売リンク
フェイスこだわり組立てキット : 注文時に必ず作れる組立キット 完全組み立てサポート \4,800 を選択すれば、初心者でも必ず完成させることが出来ます。

ツートップ特選組み立て手順ビデオマニュアル付き自作キット : 組み立てバリエーション豊富。Pentium・Celeron・Athlon・Sempron・好みに会ったタイプのパソコンを作ることが出来ます。詳細なマニュアルとビデオが付属するので初心者も安心して完成させることが出来ます。

全国35店舗 ドスパラ : ドスパラで販売している製品を組み立てキットにしたものです。パーツの相性もよく詳細な組み立てマニュアル付属。お勧めです。
※自作キットは基本的にOS(例:Windows等)は別売りです。必要な場合は一緒に注文出来ます。

スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader