自作PC Socket939 ドライブ類取り付け






Athlon64 Socket939 組み立て ドライブ類取り付け


主に、CD・DVDドライブ・取り付けの説明です。FDDの取り付けは今回行っておりません。

まずDVDドライブの取り付け
DVDドライブや・CDドライブは5インチベイと言う場所に取り付けします。通常ミドルタワーケースには3段以上5インチベイが存在しますが、、好みの場所に取り付けてOKです。
但しミドルタワータイプなので、なるべく下の段へ取り付けた方が転倒等の事故を防止する事が出来ると思います。

以下はパソコンの5インチベイです。
5インチベイはパソコン前面から作業した方がベスト
5インチベイ


特に必要ない作業ですが、、念の為DVDドライブのジャンパピンをMasterに設定
※DVDドライブを二台取り付ける場合はこちらのジャンパピン設定を参照して取り付けてくださいHDDもDVDドライブもCDドライブもジャンパ設定は同じです
DVDドライブ ジャンパ設定


上記のジャンパピンのアップです
ドライブに設定の記載があります。一台目は通常MASTER 二台目はSLAVE(スレーブ)にジャンパピンを差し替えます。
マスター スレーブ設定


ドライブにIDEケーブルをつなぎます。通常溝が機ってあるため間違うことは無いのですが
もし万が一、切っていない場合は、ピンクの色が付いている側を1番pinに合せて差込します。ピン番号はドライブに記載があります。
IDEケーブル差込


利用するケーブルの説明
マザーボードに付属するドライブ用ケーブルの説明
※S-ATAは除外します。
HDD用は80pinタイプを利用します。線の目が細かいのですぐにわかります
DVD・CD用のケーブルは40ピンのものを利用。線の目が粗いのですぐにわかります。
IDE FDD ケーブル


ドライブ取り付けです。5インチベイの蓋は、PCケース内側から押すと簡単に外れます。ドライブは写真の様にパソコンの前面から挿入すると比較的簡単に取り付けることが出来ます。
DVDドライブ取り付け 5インチベイ



以下の様なネジでドライブを固定します。
ドライブの反対側も同様に固定します。
ドライブのネジ


DVDドライブに繋げてあったIDEケーブルを、マザーボードのsecondaryソケットに差し込みます。
色分けしてあるのですぐわかると思います。
もうう一方のprimaryソケットにはHDDのIDEケーブルを差し込みます。
SATA HDDを搭載する場合はprimaryソケットにDVDに繋いだIDEケーブルを繋いでOK。もしくはprimaryソケットを空けておいてもOKです。
差込は溝きりしてあるので、間違うことはありませんが。もし無い場合は、ピンクの線を1番pinに合せて差込します。
セカンダリ IDE


最後はドライブに4pinタイプの電源を差し込みます。
形状が異なると差し込めませんの間違うことはありません。
DVDドライブ電源取り付け


以上 DVD・CDドライブの取り付けです
▲トップに戻る
スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader