自作PC Socket939 パワーとリセット等スイッチ類の配線






■Athlon64 Socket939 組み立てレポート スイッチ類取り付け

特に組み立てて順はありませんが、マザーボード上が空いている時にスイッチ類の取り付けを行うと比較的楽に取り付けが出来ると思います。


パソコンケースから以下のパワースイッチリセットスイッチ・パワーLEDアクセスLEDコネクタが出ています。それらをマザーボードのソケットに繋ぎます。
マザーボードの説明書どおりに繋げばOKですが、オパソコンが起動しない場合はパワー「Power」スイッチとリセット「Reset」スイッチのみで、マイナスとプラス線の差し間違いが無いかを差し替えて試してみて下さい。
※通常色の付いている線が「+」線になります。
パワー・リセットスイッチ


以下の様に差し込みます。
パワーリセットスイッチのみで起動します


下のスピーカはマザーボード・又はPCケースに付属します。
815〜SocketAまでは、ケースにスピーカが付属していたんですが、最近は以下の様なスピーカ(警告音出力)になっているようです。※特につけなくても電源投入テストは可能。
マザーボードスピーカ

以上スイッチ類の取り付けです。

▲メニューへ戻る
スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader