古いパソコンのマザーボード取り外し






マザーボードの交換も実はATXパソコンであれば簡単に交換する事が出来ます。ただ初めて交換される際、一番の難関は、PCケースにあるパワースイッチのコネクタをマザーに接続すると言う作業です。これさえクリア出来ればマザーボードの交換も左程苦も無く交換を行う事が出来るでしょう。

既存のマザーを取り外す作業です。電源ソケット類とケースFAN関係のソケット、PCケースと接続されているパワー・リセット・HDDアクセスランプ・スピーカ(ビープ音を鳴らすケース内蔵スピーカ)ソケットを外します。以下はPCケースと接続されているパワースイッチソケット類を取り外した画面になります。以下の様に引っ張るだけで簡単に取り外しが可能です。
後は拡張スロット(白いソケット部分)に何か拡張スロットが差し込んである場合は、取り外します。


マザーボードのネジは全部で概ね9から10本あります。それらを全部外せば簡単に取り外しする事が出来ます。


以下の様にPCケースから外してしまいます。この際、一緒にマザーとケースのスペーサが外れていないか確認下さい。


以下の様にきれいさっぱり、取り外し出来たら電源とマザー、HDDやメインメモリを取り付けて行きます。


スポンサードリンク


パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader