SSD ドライブをデスクトップに取り付ける方法






SSDドライブ関連のメニュー

SSDの取り付けレポート

前のページでも説明しましたが、現状2.5インチサイズしかないのでデスクトップへ取り付けるにはAINEX HDM-03 (2.5インチHDD変換マウンタ) |2.5インチHDD変換マウンタ 2台用) 等の3.5インチマウントアダプタが必要になります。まずこのアダプタの取り付け手順から参照下さい。

手順1、まず3.5インチベイマウントアダプタを取り付けます。取り付けねじ等は3.5インチマウントアダプタに付属するものを使用できます。


以下の様に片側を先に締め付けるのではなく、ゆるく仮締めしそれぞれのねじを固定するようにすれば素早く2.5インチSSDドライブに3.5インチベイマウントアダプタを取り付けする事が出来ます。


すみません取り付け完了画面の写真取るのを忘れておりました。動画の説明からの小さなキャプチャ画面になります。以下がマウントアダプタ取り付け完了した状態です。


アダプタの方取り付け終わりましたら、パソコン側のマザーボードにS-ATAケーブルを取り付けてしまいます。既存のパソコンがS-ATAインターフェースのHDDを搭載しているのであればそちらを取り外して利用するので以下の作業は必要ありません。

古いタイプのマザーであればS-ATAチャンネルは2つですが、965チップセット以上なら4チャンネルから6チャンネル程度あります。差込は0チャンネルが望ましいですが不明な場合は何処に差し込んでも構いません。こちらの方にS-ATAケーブル接続の動画をご用意しました。


次にSSDドライブ、へ上記のS-ATAケーブルと電源を繋いでしまいます。S-ATAドライブ用の電源は以下の様に平べったい形状になります。


S-ATA全てのドライブ共通ですが、インターフェースケーブルと電源ケーブルには溝が切ってますので形状が同じ方向で接続して下さい。またドライブ側のソケットが折れやすいので力任せに差し込むと折れて使えなくなるのでご注意下さい。


上記を、パソコンの3.5インチベイに取り付けます。3.5インチベイが無い場合は既存のHDDを取り外してしまいます。注:既存のHDDを取り外す場合、Windows引越しをお考えの方は先にAcronisでこちらのSSDドライブに引越しを完了している必要があります。

ご覧の様に空いている3.5インチベイに取り付けします。もしも省スペースモデルで空き3.5インチベイが無い場合は既存の内蔵HDDを取り外して交換と言う方法で取り付け下さい




以下の様に取り付けすれば完成ですが、既存のHDDをIDEで接続している又は既存のHDDをS-ATAで繋いでいる場合はケーブル類抜いて下さい。


以下で完成と言う形になります。後は電源投入しAcronisで引越しさせたWindowsが起動するか確認する又は、Acronisもって無い方は新規にWindowsをインストール作業で完了になります。


交換後残ったHDDはどうすればいいのかに付きましては、出来ればシステムバックアップ用にそのまま保管する方が望ましいでしょう。もしも万が一トラブル発生の場合既存のHDDからWindowsを起動等で対応する事が出来ます。

SDDドライブの保存領域が少なく既存HDDをデータ保存用にしたい場合は、パーティションを削除し再フォーマットすれば保存用ドライブとしてSSDドライブと併用可能になります。


スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader