アクティブウイルスシールド 使い方

ACTIVE VIRUS SHIELD(アクティブ ウイルス シールド)使い方説明です。
パソコンウウイルスを検査する場合
Windowsの右下ウイルスシールドのアイコンをダブルクリックしてメイン画面を表示します。


パソコンがウイルスに感染していないか検査を行う場合は、メニュー左のScanメニューをクリックします。
右側画面に、手動でチェックするドライブを選択する項目が表示されます。検査したいハードディスク又は、CDやDVDドライブをクリックしてチェックを入れます。
※このメニューが解り辛い場合は、デフォルトスキャンメニューのMyComputerをクリックして選択すると良いと思います。
デフォルトスキャンメニュー説明
【CriticalAreas】はWindowsのシステム簡易検査を行う事が出来ます。
【MyComputer】は全てのドライブを検査します。
【StartupObject】はスタートアッププログラムを検査します。


検査メニューを選択出来ましたら、【Scan】ボタンをクリックすると検査を開始します。


検査中の画面です。スキャンを一時中断や、停止する場合は右上のボタンから行う事が出来ます。
検査で何らかのパソコンウイルスやスパイウェア、アドウェアを発見すると、画面の様に表示されます。


発見されたパソコンウイルスや悪意あるファイルの処理方法
リストに表示されているファイル名をクリックし、「Action」ボタンをクリックすると、処理メニューを表示する事が出来ます。


処理メニュー簡易説明
パソコンウイルスであれば概ね「Discard」で処理する事になります。
Neutralize ファイルからウイルスを取り除くを試みる。取り除けない場合もあります。
Discard 検知リストから削除(通常選択しません。)
Add to Trusted アクティブウィルスで検知しないようにフラグを立てる。
※スペシャリスト以外選択不可
Go to File 検出されたファイルの場所を開く
Neutralize All 検出された全てのファイルから、ウイルスを取り除く。取り除けない場合もあります。
Discard All 検出された全てのファイルを削除
View on www.viruslist.com 検出されたウイルス情報を確認するページを開く
Search 検出された特定の語句を検索する事が出来ます
Select All 全て選択
Copy そのファイルをコピーする

Neutralizeの処置手順
Windows右下にアラート画面が表示されます。「Disinfect」をクリックしてウイルス除去を試みる事が出来ます。


ウイルス除去できなかった場合は、「Delete」しか選択出来ません。
※「Skip」(無視)を選択してはいけません。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





ページトップへ戻る
メニュー
トップページ
ダウンロード
インストール方法
スキャン(検査方法)
ネット閲覧時の警告画面
検知や検査レベル変更
手動アップデート