AntiVir PersonalEdition Classic Version 7 ウィルス発見時の対処方法






AntiVir PersonalEdition Classic Version 7パソコンウィルス発見時の簡易対処方法説明
配布元 http://www.free-av.com/


AntiVirページ |AntiVir7入手先 |インストール方法 |Antivirメイン画面説明 |ウィルス発見時の対処 |システム内検査方法ウィルス隔離画面説明

ウィルスを発見すると、「ピピ・・」(Beep音)と言う音とともに
以下の処置方法を選択する画面が表示されます。
通常【Access deny】アクセスを止めるが選択されている状態で表示されるので
そのまま【OK】をクリックして、サイト閲覧を中止します。

取得したファイルやデータで以下の表示の場合は
【Delet】(削除)にチェックを入れ即座に削除を選択すればOKです。

ウィルス検査で引っかかった場合は
【Move to quarantine】隔離を選択して、Windowsに障害が出ないかを確認してから削除すればOKです。


簡単ですがの説明は以上です。

もし万が一、検査に不安がある場合は以下のオンラインスキャンで再検査すると良いでしょう

カスペルスキーオンラインスキャン
パターンファイルの更新が早く、未知のウイルス等も見つけ出す事が出来ます。

シマンテックオンラインスキャン
ノートンアンチウイルス開発元シマンテックさんのオンラインスキャン。

トレンドマイクロオンラインスキャン
ウイルスバスター開発元トレンドマイクロさんのオンラインスキャン

各社オンラインスキャンご利用の際、かならずInternetExplorerをご利用下さい。
スキャンが開始出来ない場合ActiveXをインストール許可設定が必要です。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader