AntiVir PersonalEdition Classic Version 7 メイン画面説明






AntiVir PersonalEdition Classic Version 7メイン画面の簡易説明
配布元 http://www.free-av.com/


AntiVirページ |AntiVir7入手先 |インストール方法 |Antivirメイン画面説明 |ウィルス発見時の対処 |システム内検査方法ウィルス隔離画面説明

AntiVirをアイコンをダブルクリックするとメイン画面を表示する事が出来ます。
Windows右下のアイコンをダブルクリックでも表示可能



【Status】メニュー
常駐保護の状態
パターンファイルの更新日時
ライセンス有効日時
を確認する事が出来ます。




【Scanner】項目の説明
このメニューから検査したいHDDやCD・DVDドライブ・その他メディアを選択してウィルス検査が出来ます。



【Guard】項目
検査したファイルの状況を確認できる画面



【Quarantine】項目
隔離されたパソコンウィルス等を確認する事が出来るメニューです。




【Scheduler】項目
設定した日時に自動スキャン(ウィルス検査)及び自動更新を設定することが出来ます。



【Report】項目
更新状況を確認する事が出来ます。



メインメニューの左上【Configuration】をクリックすると
スキャン(ウィルス検査)オプション画面を表示する事が出来ます。
この設定は通常変更する必要はありません。
検査するファイルの拡張子を変更したり、検査しなデータを指定する事が出来ます。


簡単ですがの説明は以上です。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader