EagleEyeOS デバイス アクセスコントロール説明




EagleEyeOS 無料 公式サイトはこちら 
全てのデバイスアクセスを制限する事が出来るツール。
アクセス禁止・読み取り専用・一般

EagleEyeメインメニューに戻る


EagleEyeOS アクセスコントロールは
以下のボタンから簡単に設定する事が出来ます。
フルアクセス
読み取り専用
アクセス禁止
↓画面で選択します。
※デバイスの項目は、ミドルユーザー以上にて設定推奨
EagleEyeOS ファイルアクセスコントロール 設定方法


設定変更を有効にする方法
例えば、USBドライブのアクセスを制限したい場合は
USB Storege 項目を(読み取り専用)又は(アクセス禁止)をクリックし
右下の「Apply All」をクリックするだけで設定が反映されます。
EagleEyeOS ファイルアクセス 設定反映方法


HDDのアクセス制限を設定する方法
まず簡易ロックを外します。
「Lockd」項目にチェックが入っているので、クリックしてチェックを外すと設定可能になります。
※その他チェック項目ですが「Logged」はログを取得する事が出来、「any serial」はいかなるStoragesを接続してもコントロールする事が出来るとの事。
EagleEyeOS 新しいデバイスの管理方法 アクセスログ設定メニュー


TOPメニューに戻る





スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader