C言語 標準関数の数学関数






スポンサードリンク

前回に続き標準関数を勉強してみたいと思います。今回は数学関数の勉強です。【 <math.h> 】ヘッダファイルを記述する事で数学関数を利用する事ができます。

ベキ乗・平方根・常用対数を計算するサンプル

#include <stdio.h>
#include <math.h>

main()
{
   printf("3の3乗=%f\n",pow(3.0,3.0));

   printf("3の平方根=%f\n",sqrt(3.0));

   printf("3の常用対数%f\n",log10(3.0));
}

上記記述の説明
【 #include<math.h> 】宣言をして、標準の数学関数を使えるようにします。
【 pow 】ベキ乗を計算 【 pow(a,b) 】aのbベキ乗を計算します。
【 sqrt 】平方根を計算 【 sqrt(a) 】aの平方根を計算します。
【 log10 】常用対数を計算 【 log10(a) 】aの常用対数を計算
C言語ベキ乗記述

上記記述の実行結果


角度(45度)の値サイン・コサイン・タンジェントの計算サンプル

#include <stdio.h>
#include <math.h>

main()
{
   printf("45度角のサインコサインタンジェント計算\n");

   printf("サイン=%f\n",sin(45.0*3.14159/180));
   printf("コサイン=%f\n",cos(45.0*3.14159/180));
   printf("タンジェント=%f\n",tan(45.0*3.14159/180));
}

上記記述の説明
サインコサインタンジェントを求める場合プログラムで計算させる場合は【 sin(45) 】とするのではなく、45°のラジアンを求めてからサイン・コサイン・タンジェントにあてはめる決まりになっています。したがって45.0*3.14.59/180とする必要があります。
c言語サインコサイン
上記記述の実行結果



数学関数の処理
 【 #include<math.h> 】宣言が必要

関数と説明
acos アークコサイン値を返す
asin アークサイン
atan アークタンジェント
atan2 アークタンジェント(-円周率〜円周率)
ceil 最小整数
cos コサイン
cosh ハイパボリック・コサイン
exp 指数
fabs 絶対値
floor 最大整数
fmod 浮動小数点の剰余
frexp 浮動小数点を係数部と2のベキ部分に分割
ldexp ]×2のn乗数を計算
log 自然対数
log10 常用対数
modf 整数部と小数部の分割
pow ベキ乗
sin サイン
sinh ハイパボリック・サイン
sqrt 平方根
tan タンジェント
tanh ハイパボリック・タンジェント

簡単ですが説明は以上です。

あかかげまるのC言語入門はこちら!!

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール

 Subscribe in a reader


ページトップへ