Spybot - Search & Destroy システム障害が出た時の対処。 & 免疫化

駆除したファイルのリカバリー
スパイウェアー駆除により万が一システムに異常が出た場合は、リカバリーにて復旧できる事も有ります。
※出来ない可能性も有ります。
「リカバリー」ボタンをクリックすると、駆除されたファイルの履歴が表示されます。
ユーザー判断で全てもしくは個別に復元するファイルにチェックを入れ、下にある「チェックした項目を修復」ボタンをクリックして作業完了です。何のためにPCを再起動してください。



Immunize 免疫
効果はどの程度かは不明ですが、スパイウェアーなどによる感染を防ぐ効果が期待できます。
※免疫化を行うことにより、一部表示できないサイト等があるかもしれません。その場合は解除を選択し、ブラウザーのキャッシュをクリアーの上リロード(Ctrlキーを押しながらRキーを押します)する事により解決できると思います。
左メニューにあるImmunizeボタンをクリックして下さい。


下図のメニューが表示されましたら「OK」をクリック




「免疫化は完了」画面が表示されます。「OK」ボタンをクリックして設定完了です。
※免疫化で悪意のあるサイトのスパイウェアーからのセキュリティーホール(欠陥)を全て防ぐものでは有りません、日々進化するスパイウェアーにとって対応は正直難しいと思います、気休め程度とお考え下さい。


以上で説明は終わりです。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader