Supreme Commander 各種ユニットの説明





links: Supreme Commanderトップ | あかかげまるトップページ
Supreme Commander の遊び方等で、各種ユニットをどのように使い分けるかを参照するとさらに遊びやすくなります。

地上対戦ユニットや航空ユニット、水上ユニットを上手く使い分けてプレーしましょう。

航空機の説明

Supreme Commanderの飛行系ユニットの役割の簡易説明

各種Factory(飛行・地上・海上ユニットを作成する施設)にはT-1・T-2・T-3へと進化することにより、作成出来るユニットの種類が異なります。航空機等だと、航空爆撃機や輸送戦闘機等等しんかする毎により強力な兵器へと進化します。

まずT-1AirFactoryの航空機の種類を説明 他の説明は→を参照ください T-2の種類 T-3の種類

飛行系ユニットは、以下のAir Factoryと言う飛行系ユニット製造施設から配置することが出来ます。
AirFactoryをクリックすると、ゲーム画面下に各種飛行系ユニットのアイコンが表示されます。
※一番左(エンジニア、施設を製造や修理)と一番右(製造ユニットのアップグレード)は飛行系ユニットではありません。


飛行系ユニットには、それぞれタイプがありパトロール機、戦闘機、爆撃機、輸送機と存在します。各種ユニットの簡易説明を参照し、援護や攻撃の作戦に役立てると戦いやすくなると思います。

Supreme Commanderの飛行系ユニットはそれぞれ3段階の技術進化により、それぞれ能力の異なる航空機を生産することが出来ます。

Air Scout 軽飛行機
速度が速く視界が広いので索敵に向いている。地上軍や敵基地の偵察に使用。もちろん援護等にも利用できます。地上への攻撃能力はありません。


interceptor 戦闘機
装甲が厚く重火器を装備、対地上ユニットへの攻撃能力はありません。


Attack Bomber
爆撃機 地上ユニットへの攻撃が主な目的になります。対空性能が無いので護衛が必要。


Light Air Transport
地上ユニットを輸送することが出来る。地上への援護射撃等が可能。


Light Air Transportに地上ユニットを乗せるには、地上ユニットをドラッグで選択しLight Air Transportをクリックすると、ほんの少し時間がかかりますが自動的にLight Air Transportが降下してきて地上ユニットを搭乗させることが出来ます。


搭乗させた地上ユニットを降下させるには、Light Air Transportをクリックした際に表示される右下のメニューをクリックしてそのまま降下地点をクリックするだけです。

ページトップへ戻る
スポンサードリンク



links:Supreme Commanderトップ | 無料ゲームの部屋 | あかかげまるトップページ