ノートンアンチウイルス2007 ブラウザでのウイル検知ステスト






ノートンアンチウイルス2007 インターネットセキュリティーをセットしてInternetExolorerとファイヤーフォックスそれぞれを利用し、悪意あるツールを混入してくるアンダーグラウンドでの検知テストレポートです。
テスト環境 
Pentium4 prescott 3.0GHz 
メモリ 512MB PC-2700
HDD 40GB IDE/7200rpm
グラフィック:RADEON9200SE(グラフィック出力用専用メモリ搭載)
OS WindowsXP pro OEM ServicePack2
F-Secure Internet Security 2007
*Windows Defender ベータ2は競業するツールとしてセットアップ時削除されます。

ノートンアンチウイルス2007インターネットセキュリティーの更新状況です。
テスト実行日時は同上


まずは一つ目のアンダーグラウンドサイトでの検知テスト
サイトを開いた瞬間に、アドウェアを検知したとの画面が表示されます。
(InternetExplorer)


ファイヤーフォックスでは特に反応はありません。
またファイヤーフォックスではフィッシング監視機能は無い?


次のアンダーグラウンドサイトを開いてみたところ、何らかのトラップによりシステムしばらくInternetExplorerが固まった状態になします。
注:ノートン2007が原因ではありません。以下のサイトにあるトラップが原因


しばらくするとトロイを検知したとノートンから画面表示。


次に同上サイトをファイヤーフォックスで開いてみたスクリーンショットです。
vml警告を確認する事が出来ました。
詳細は→を参照http://www.microsoft.com/japan/technet/security/Bulletin/MS06-055.mspx


次に同上サイトにあるトロイウイルス入りツールをダウンロードして検知するかを確認
ファイヤーフォックスでは無反応


InternetExplorerだと強制終了してしまうので、上記ファイルのフルパス指定してダウンロード試行
検知しない様です。


パソコンウイルスをダウンロードして検知してくれるのかを確認する為に、トロイウイルスを別のネットワークに預けてダウンロードで試して見た所、InternetExplorerファイヤーフォックスそれぞれ正しく検知してくれました。
尚、ZIPで圧縮されたウイルスファイルは反応しません。
以下はInternetExplorerで検知した画面です


以下はファイヤーフォックスで検知した画面です。


簡単ですがブラウザ別のパソコンウイルステストは以上です

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





TOPメニューに戻る

Avast
AVIRA
CAアンチウィルス
NOD32
ウイルスバスター
ウイルスセキュリティ
ウイルスキラー
ウイルスドクター
ウイルスブロック
F-Secure
カスペルスキー
キングソフト
ノートン
マカフィー
海外のアンチウイルス
日本語アンチウイルス一覧
テスト内容

スポンサードリンク