SpySheriffの駆除






SpySheriff(スパイシェリフ)

2007/1/18確認の偽物セキュリティーです。このツールは「 Torojan-Downloader.Win32」トロイウイルスが仕掛けられたファイルを実行すると自動的にセットされてしまう偽ものアンチウイルスツールです。
感染すると、しばらくして突然Windowsの電源が切れてしまい、再起動を繰り返すのが特徴。2005年にも同様の案件を確認できるのですが、突然シャットダウンするトラブルは当時実装されていないようです。

なぜ突然シャットダウンを繰り返すのか?恐らくPCトラブルを偽装しているものと考えられます。PCトラブル懸念でスパイシェリフ購入率をアップさせる狙いだと考えられます。

スパイシェリフの駆除説明
注)誠に申し訳ありません、以下の説明はMicrosoft Windows Defender を使用するのでWindows98/MEのユーザー様は対象外とさせて頂きます。

まず駆除を行うにあたり、Windowsがシャットダウンしてしまわないようにしなくてはなりません。まずWindowsをセーフモードとネットワークで起動します。説明はこちら

次にMicrosoft Windows Defender をダウンロードしてセットします。
Windows64bitをご利用の場合以下からMicrosoft Windows Defender 64bitバージョンをセットしてください。
Get it from CNET Download.com!
ディフェンダのセットアップ説明や使い方はこちら

セーフモードの状態で、ディフェンダーを起動し、スキャンメニューの右横にある▼ボタンからFullScan(フルスキャン)を選択してコンピュータ内部を全て検査します。


SpySheriff とその他の発見されたものは全て削除します。【操作】のメニューが必ず削除になっているかを確認の上「全て削除」を選択します。


ディフェンダーの削除作業を行うと、SpyShreriff関係のショートカットアイコンやプログラムは全て自動的に削除(駆除)されます。後はWindowsを再起動(スタート→Windowsの終了→再起動)を行って、問題が無いかを確認し作業完了です。


但し、このツールはTorojan-Downloader.Win32(トロイウイルス)が仕掛けられたアプリケーションもしくは実行ファイルから感染するので、感染元のファイルを削除しなくてはなりません。
カスペルスキーオンラインスキャンを実行し、発見されたトロイウイルス入りファイルを全て手動で削除する必要があります。

簡単ですが、スパイシェリフの駆除説明は以上です。
どうすれば良いのかわからない場合は業者様に依頼する良いと思います。詳しくはこちらを参照し自己判断で相談ください

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





TOPメニューに戻る

Avast
AVIRA
CAアンチウィルス
NOD32
ウイルスバスター
ウイルスセキュリティ
ウイルスキラー
ウイルスドクター
ウイルスブロック
F-Secure
カスペルスキー
キングソフト
ノートン
マカフィー
海外のアンチウイルス
日本語アンチウイルス一覧
テスト内容

スポンサードリンク