Avast! (アバスト) 無料パソコンウイルス対策ソフトの使い方

スポンサードリンク
Avast! 2010年最新バージョンアバスト無料パソコンウイルス対策ソフトのダウンロード及びインストール手順及び使い方の説明。

アバスト:Avast4.8からAvast5へとバージョンアップ後正式にアバストとネーミングされました。無料版含め有料版二製品の合計三製品あります。ここでは無料版のダウンロードとインストールそれに使い方を説明してみたいと思います。

無料版と有料版の違いに付きましては公式サイトを参考にしてください。
アバスト比較

アバストのダウンロード

ダウンロードの方ですが、現在公式サイトからの配布は無くベクターよりダウンロードする事が可能です。

本体をダウンロードしたらインストール作業を参照しセットアップします。
備考:Avast4.8現行モデルをお使いの方でアップグレードをお考えの場合は、上記のアバストセットアップからアップグレードさせることが出来ます。(特に現行4.8をアンインストールする必要はありません)

アバストのインストール

2010年現在、デフォルトインストールの際に無料ブラウザGoogle Chromeがセットアップされます。不要な方は説明を参照しインストールしないを選択してインストール作業を行って下さい。

インストールを開始するには、ベクターより取得したセットアップファイルをダブルクリックします。
ファイル名はsetup_av_free***です。


マイドキュメントもしくはWindows7又はWindowsVISTAならドキュメントのダウンロードフォルダ内にあるとおもいますのでダブルクリックして実行します


セキュリティ警告が出ますが問題ありません、実行するをクリックしてください。


インストール画面が表示されます。言語はJapanese(日本語)がデフォルトで選択されていますのでそのまま次へを選択してください


アバストコミュニティに参加するかしないかを選択します。
デフォルトでは参加するが選択されています。コミュニティはアバストをセットアップしているパソコン上で何らかの脅威をアバストが検出した場合にその上方を提供元に送信し、今後のウイルス対策に役立ててもらえるサービスとなります。なるべくコミュニティ参加にはチェックを付けておくことをおすすめします。次へを選んで下さい。


Google無料ブラウザChromeブラウザを入れるか入れないかを選択します。
はいを選択するとChromeブラウザがセットアップされます
いいえを選択するとインストールされません。
どちらを選んでも構いません。次へを選択して下さい。


インストールが開始されますのでしばらく待ちます


以下の画面となりましたら終了をクリックして下さい。インストールはこれで完了ですが簡単なユーザー登録作業を行わないと最新のウイルス定義ファイルの更新が30日で停止するので必ず次を参照しユーザー登録も完了しておいて下さい。

アバスト登録

日本語化完了出きましたら次にAvastをアクティブとしなければなりませんので登録作業を行ってください。

メインメニュー左側メンテナンスをクリック


登録メニューから直ぐに登録ボタンをクリックしてください


NameとE-mailだけ最低限入力ください。
ライセンスキー入力作業は旧バージョンの様に入力する必要がないので後からメール受信確認の必要はありません
入力できたらRegister for free licenseボタンをクリックで登録完了になります。


登録完了確認画面が出たらOKをクリック


利用可能有効期間日時が来年までの期間となっていることを確認でAvastは正しくパソコンを保護する事が可能になります。


以上でパソコンをウイルスから守ってくれる状態になります。その他の簡単な使い方説明は以下を御覧下さい。

ウイルスが検出されたら

アバストでウイルスが検出された場合は、脅威の検査手順でも紹介していますが、ウイルステストをしてみた動画をご覧頂いてどのように検出してくれるのかをまず運用前に確認頂くと後々脅威が見つかっても落ち着いて対応する事が出来ると思います。


ウイルスが検出された場合ですが、インターネットをしていて突然検出画面が出た場合はパソコンへの感染ダメージは殆大丈夫だと思われますので以下を参考に落ち着いて対処してください。

例えばメール受信やWEB閲覧時に以下の様なアバスト警告が出たらウイルスをブロックしてパソコンの保護に成功したことになります。この状態はパソコンへの危害が及ぶ前に問題をブロックしていることになるのでパソコンへのダメージは殆無いとお考え頂いて問題はないと思います。


警告アラート詳細


注意:上記警告が表示された場合、インターネット閲覧を継続する事ができなくなります。理由はパソコンを保護する目的の為、発生したセッションは切断されてしまうためです。もちろんそのサイトをアバスト無効化で見る事もお辞め下さい。

メールに関しましても同様に次の様にウイルスフラグで内容を見ることができません。また添え付けメールファイルに付きましてはアバストのチェストボックスに隔離されているとは思うのですが、それを復元して参照する事は危険ですのでお辞め下さい。

ウイルス入メールのサンプルです。件名に*** VIRUS ***とフラグが付きます。

サイレントモードについて

アバストのコントロール画面を開くとサイレントモード無効となっている事が気になると思います。
このサイレントモードは、利用者に以下の事を通知アラートを出さずにパソコンを保護するサービスになります
サイレントモードを有効化にして置くと、例えばDirectXコンテンツ編集中又はプレー中に画面が突然切り替わってしまう事故を防ぐことが出来ます。もしくは他のアプリケーション作業中にアバストイベント画面、警告アラート画面に切り替わって作業が中断してしまうと言う事故を防ぐことが出来ます。


サイレントモードを有効にするには、コントロール画面の以下の項目をクリックしてサイレントモードとして動作する時間又は期間をクリックして切り替えることが出来ます。


オンラインゲーム又はP2P、ファイルのダウンロード等でしたら、永久に有効にして作業完了してから無効化とする方がベストかも知れません。

説明は以上です。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader