Avast 脆弱性とマルウェア検出性能テスト

スポンサードリンク
2008年12月4付けAvastの脆弱性攻撃とシリアルクラック系ツールに混入しているマルウェア検出の性能テスト

WEBサイトを見るだけで、スタートアップに感染するトロイウイルスを予め検出及び保護出来るかと有料アプリケーションのシリアル登録をクラックするツールに殆ど100%存在するマルウェアを検出できるかの性能テストです。

注意事項:シリアル系クラックなのですが、この世に有料アプリケーションのシリアルをクラック出来るツールはありません。有料のアプリケーションは正規販売のルートで正規の料金を支払って購入下さい。

脆弱性テスト

よく画像を紹介する為に、公共性の高い掲示板等に貼り付けられているjpgリンク先に仕掛けられている、画像表示リンク先を見るだけで感染するトロイウイルス配布サイトを開いた際に検出できるかのテストです。

画像を参照先のURLをクリックして、画像表示サイトを開いた瞬間にavastで検出可能でした。


もちろん、検出した瞬間にセッションを停止しているのでパソコンへの実害はありません。
以下は検出した際の上記検出結果を拡大した画面です。
iframe-gen
これは、HTMLコードにパソコンウイルスを仕込むサーバを呼び出すコードが有る事を検出した意味となります。


シリアルコードをクラックするツールに含まれるウイルス検出テスト

以下はVUNDOと言うマルウェア入りクラック系ツールを配布するサイトからVUNDOマルウェアをダウンロードした際に検出した画面です。検出命は、Trojan-gen。Avastの特筆ですが、パソコンウイルスを有料製品の様に細かく分類しておらず、大分類で検出ウイルス名を出力します。


別のマルウェア入りクラック系ツールを配布するサイトで、マルウェア入りツールをダウンロードで検出可能かテストしてみた結果です。問題なく検出可能でした。検出名は上VUNDO同様Trojan-genとしか確認出来ません。


次に、ZLOBと言うマルウェアを配布する動画に仕掛けられたパソコンウイルス感染トラップサイトを開いて正しく検出出来るかをテストしてみた結果です。以下のZLOBは更新頻度が高く、検出が難しいのですが、見事にAvastで検出してくれました。


上記検出結果の拡大画面です。
Malware-genとしか検出名を表示してくれません。やや検出ウイルス名はアバウトですが、確実にパソコンをウイルス等から保護してくれる確立は高いと言えます。



スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader