Avast!4日本語版各種ドライブスキャンの説明

スポンサードリンク
Avast!4での各種ドライブをスキャンする方法です。
ウィルススキャンの前に注意事項です。まず検出時のavastの使い方をご覧いただいてから、パソコンウイルス検出時に対応するようにお願いします。

【 ウィルスを発見した場合 】の画面
特殊音と共に、このような警告画面が表示されます。


ウィルススキャンの方法には二種あります。
1)ドライブ内やメディア内のパソコンウィルスをスキャンする方法
1)の場合は知らずにウィルス感染してしまった場合やパソコンに読み込むデーターにウィルスが感染していないかをチェックする事が出来ます。

2)個別ファイルを直接スキャンする方法です。別ページ説明ですこちらを参照
2)の場合は実行インストールする前にスキャンし未然にウィルス感染を防ぐ事が可能です。

avast!4のコントロール画面を表示します、表示方法はこちら
左が側のドライブ類の絵がボタンになっております。


HDD(既存システム)をスキャンする場合
表示されるオプション。圧縮ファイルの検査はオプションです。チェックを付けないとスキャンされません。
バーを左右に動かすと【 迅速な検査 】【 完全な検査 】を選択出来ます。


CDROM・やDVDROM・FDDや各種ドライブをスキャンする場合
検査オプションは上記のHDDのオプション選択と同じです。
さらにCDROMとFDD検査を行うかのオプションが表示されます。
通常(デフォルト)の場合は両方ともチェックされております。
スキャンしない場合のみチェックを外します。


各種フォルダーをスキャンする場合
検査オプションは上記のHDDのオプション選択と同じです。
スキャンしたいフォルダーを選択して【 OK 】をクリックします。
※パソコンに詳しいユーザー向けのスキャン方法とご理解ください。


それぞれスキャンした項目をクリックすると
【 off→on 】に変わります。【 on 】と言う項目をスキャンする事が出来ます。
スキャンしたい項目が正しく【 on 】になっているかを確認してスキャン開始。



スキャン開始方法

右側のドライブ類を選択して、右上の開始ボタンでスキャン開始

途中で終了する場合は↓


【 標準検査 】と表示されるオプションですが

バーを左右に動かす事で、ウィルス検査を強くしたり弱くしたりすることが可能です。
圧縮ファイスの検査にチェックを入れる事により【 zip lhz 】等の圧縮ファイルも検査する事が可能です。



検査が完了するまで待ちます。


もし万が一ウィルスが発見された場合は左メニューからウィルス削除手順を参照して下さい。

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader