Avast!4日本語版ウィルス発見時の対策 駆除 隔離 修復方法

スポンサードリンク
Avast!4でのウィルス駆除方法。
※ウィルスの対処方法はくれぐれも自己責任上において行ってください。またサポートもありません。
もし万が一自己責任の意味が不明な場合は、有料版ウィルス対策ソフトを購入お願い致します。
有料版ウィルス対策ソフト ノートンアンティウィルス ウィルスバスター 
有料版のウィルス対策ソフトなら、サポートを受ける事が出来ます。
スキャンやメール送受信の際【 ウィルスを発見した場合 】の画面
特殊音と共に、このような警告画面が表示されます。
※パソコンウィルスを発見した場合は速やかに総務省に届け出る必要があります。


パソコンウィルス対処方法
通常は削除するのですが、パソコン内部のシステムに感染している場合
削除するとパソコンが起動しなくなったり、ソフトウェアーが使えなくなったりする場合があります。

まずは【 修復 】を試みます。
※ダウンロードファイル等はVRDBによるバックアップが無いので通常は修復できません。
修復できるのは、ウィルス感染により既存のシステムがウィルス感染

avast!4はVRDBと言う修復データーベースをバックアップしているので、上手く行けば修復が可能です。
(※VDRBの説明 VRDB は "Virus Recovery Database(ウィルス修復データベース)" を表しており、 "Integrity Database" として以前の avast! のバージョンでは知られていました。 VRDB の目的は すべてのセキュリティ対策にもかかわらずウィルスがコンピュータ内部に侵入してファイルが感染したときに助けることです。 VRDB の助けにより、感染したファイルを修復すること(まさしく元の状態に戻すこと)が可能になります。 VRDB は システムトレイに文字 "i" のアイコンで(時計の隣に)現れます。 アイコンが動いていると、ちょうどその時にデータベースが作成されています。)



修復不可能な場合は以下の画面が表示されます。
※修復出来ない場合は削除又はチェストボックス(隔離)へ移動させます。
※2、一旦チェストボックスに移動させ、
PCを再起動し特にアプリケーションへの不具合が無ければ削除しても問題は無いと思います。
(※、くれぐれも自己責任上において作業の程お願いいたします。)



隔離する場合。
【 チェストへ移動 】をクリックするのみです。
これで隔離されます。


削除する場合の手順
【 削除 】ボタンをクリック


【 削除 】をクリックすると、対象ファイルを完全に削除することが出来ます。
※リサイクル箱(ウィルスチェスとボックス)に移動し隔離するオプションも選択出来ます。



スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader