スポンサードリンク

Panda Antivirus + Firewallのことで

Avastフォーラムトップ > 記事閲覧
Panda Antivirus + Firewallのことで
日時: 2006/11/23 16:20
名前:

Panda Antivirus + Firewall 2007を使っております
サポートに聞いてもいいんだけど他の所でも
調べてます ここの人たちなら知っているかなと
思い書いてみました

パンダは他のソフト(アンチウィルス)とも共存できる
と言うことをちらときいたのですが本当なのでしょうか? 試しに入れてみようかと思いましたが
怖くてできません
パンダだけでもいいソフトだと思っています
二重にできるのでしたら完璧な気がしてます
メンテ
カスペルスキーオンラインスキャン
InternetExplorer対応無料PCウイルス検査サービス
発見されたPCウイルスの駆除サービスはありません。利用は案内されるActiveXのインストール作業必要
シマンテックオンラインスキャン
ノートンアンチウイルス販売元提供の無料PCウイルス検査サービス。
InternetExplorerのみ対応です。案内されるActiveXのインストール作業必要
Online malware scan
実行ファイルや圧縮ファイルをファイル単位で複数のアンチウイルスエンジンで検査することが出来るサービス。
発見されたPCウイルスを駆除するサービスは無いです。
ESET Online Scanner Beta
NOD32の販売元ESETの無料PCウイルス検査サービス。ActiveXのインストール作業必要です。
NanoScan
Panda オンラインスキャンBetaサービスです。I accept the conditions of use(利用規約に同意?)にチェックを入れて使用できます。PCの重要領域を高速にスキャン。

スポンサードリンク
Page: [1]

Re: Panda Antivirus + Firewall ( No.1 )
日時: 2006/11/24 13:15
名前: あかかげまる

初めまして。
多重セキュリティーを施すと、システムが正しく起動しなくなる場合があります。

もし試すのであれば、システム領域をバックアップを行い

もし正しく動作しなくなった場合は、セーフモードで起動し、試したアンチウイルスソフトをアンインストールを行った上で、バックアップしたシステム情報を復元すると元に戻ると思います。

パンダであれば・・AVGあたりで二重セキュリティーで動くのではないでしょうか?

昔AvastとAVGの多重を試した事はあります。その際問題はありませんでした。
メンテ
Re: Panda Antivirus + Firewall ( No.2 )
日時: 2006/11/24 18:59
名前:

あかかげまるさん
ありがとうございます

サポートの方からの連絡が来たので
コピーしておきます

他社セキュリティ製品との併用につきましては、弊社にて昨年まで
TruPrevent Personalという製品を販売しており
他社アンチウイルスソフトとTruPrevent(未知の脅威に対する保護機能)を
併用してご利用いただいておりましたが、現在はTruPreventの生産を
中止とさせていただいており、販売も行っておりません。

去年までのお話で 今のはできなくなっているそうです

メンテ
Re: Panda Antivirus + Firewallのことで ( No.3 )
日時: 2007/01/15 22:33
名前: だつ

TruPrevent Personalとノートンを併用したらWindowsが起動しなくなりましたよ。
safemodeで片方を消すと解決するのですが、TruPreventがインストールしている環境でないとネットに接続できなくなりました。

Pandaの代理店はTruPreventに問題はないからシマンテックに相談してくれという内容の返事を送ってきました。
シマンテックに相談しても対応してくれるとは思えないし・・・。
ノートンと併用できるという事をセールスポイントにしているのに変な話でした。

PCメーカー(ソーテック)に相談するとレジストリの問題でネットに繋がらなくなっている、回復するのは困難という事でリカバリをする事になりました。

多重セキュリティはサポートを誰がするという問題を曖昧にして責任ある対応を取ってもらえなくなると思います。

余談ですがイーバンク銀行に1000円振り込んでもらえるクーポンがついていました。
当時の販売元のLivedoorとイーバンク銀行の関係を考えると不思議でした。
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存