スポンサードリンク

ZoneAlarm Security Suite 7.0.

Avastフォーラムトップ > 記事閲覧
ZoneAlarm Security Suite 7.0.
日時: 2007/01/14 23:12
名前: スクフラグ

ついにベータテストが終わったみたいです!

MajorGeeksにはもうあります。(ttp://www.majorgeeks.com/ZoneAlarm_Security_Suite_d4238.html)

但し、ZoneAlarmチームも警告していますが、6.5の時のように出始めのものにはバグがかなりある可能性があるので公式ページからDLしたほうがいいでしょう。(公式ページでは現地で月曜遅くに発表予定だそうです。)

カスペルスキー+ZoneAlarmなので単純に考えれば最強の組み合わせだと思います。

個人的にはWebアンチは付いてこないそうなので(ZoneAlarmの方で代わりをしてくれるのかな?私的にはWebアンチは確かKISとNOD32(IMON)くらいしかない機能らしいのでいらないかなとも思うんですが。)KISのようなネットワーク速度低下はないかが注目です。
メンテ
カスペルスキーオンラインスキャン
InternetExplorer対応無料PCウイルス検査サービス
発見されたPCウイルスの駆除サービスはありません。利用は案内されるActiveXのインストール作業必要
シマンテックオンラインスキャン
ノートンアンチウイルス販売元提供の無料PCウイルス検査サービス。
InternetExplorerのみ対応です。案内されるActiveXのインストール作業必要
Online malware scan
実行ファイルや圧縮ファイルをファイル単位で複数のアンチウイルスエンジンで検査することが出来るサービス。
発見されたPCウイルスを駆除するサービスは無いです。
ESET Online Scanner Beta
NOD32の販売元ESETの無料PCウイルス検査サービス。ActiveXのインストール作業必要です。
NanoScan
Panda オンラインスキャンBetaサービスです。I accept the conditions of use(利用規約に同意?)にチェックを入れて使用できます。PCの重要領域を高速にスキャン。

スポンサードリンク
Page: [1]

Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.1 )
日時: 2007/01/14 11:18
名前: あかかげまる

おはようございます。
ZoneAlarmは内部からのパケットも監視してくれるので、内部から悪いことを企むトロイウイルスには最適ですよね。

ただ入り込んでしまったものをどう対処すれば良いのか・・カスペルスキーでも対応出来ないステルス性の強いトロイが出現している現状を考えると

不正パケット監視とセットでZoneAlarmSecuritySuiteが完璧な対応をしてくれるとありがたいのですが、、なぜかファイヤーウォールとアンチウイルスが別で動作。


内部ファイヤーウォール監視と同期してくれるアンチウイルスを作って欲しいと願う次第です。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.2 )
日時: 2007/01/14 23:07
名前: スクフラグ

あかかげまる様、
レスありがとうございます。

KISの方が安定性とか考えるといいのでしょうね。
F-secureとカスペルスキーを使った感想からですが、やはりエンジンの開発元というか、カスペルスキーの方が完成度が高いなという印象でしたし。

しかし、初心者の私にはZAについては「使いやすさ」や「プライバシー保護」が魅力です。
また、ZASSにはWebアンチがありませんが、「トリプルファイヤーウォール」がそれを補ってくれるものだと仮定するとネットワーク速度低下もないしこの方が使いやすいのではという気がします。

ただ、KISにはZAの「使いやすさ」それを補って余りある素晴らしいサポート体制があるようですし、「プライバシー保護」機能も現状では気休め程度でLIVE CD Linuxを利用する方がベターだと思います。

それと正直に言うと、「トリプルファイヤーウォール」が実際にはどんなものなのか、私にはわかっていません。  
たぶんそれは唯の宣伝文句で実際の機能はKAHや他のFWと同じで特別にアンチウィルス機能を持っている訳ではないのではという気の方が強〜くします。

でも、ZoneLabsがWebアンチを採用しなかったと言う事はWebアンチはいらないと言う判断がされたという事ですよね。
まあ、付いてても邪魔にならないとは思いますが。

とりあえず早く確かめたいです。
ただ、前のバージョンの事を考えると、正式版が出ても安定するまで時間がかかるようですから、しばらくは様子見ですね。
後、試用期間が15日は短すぎですよね。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.3 )
日時: 2007/01/14 22:33
名前: スクフラグ

>ただ入り込んでしまったものをどう対処すれば良いのか・・
カスペルスキーにはF-secureのBlackLightみたいなものないのでしょうか?
また、この件はZoneAlarmでは対処できないのでしょうか?(実は勉強不足でここでもおっしゃる事が充分理解出来ているか自信はないのですが。
一応、ZAではネットワーク ファイヤーウォール(パケット フィルター)、プログラム ファイヤーウォール(アウトバウンド コントロール)、OS ファイヤーウォール(タンパリング/リーク コントロール)としていますが。 

そう言えばずっと気になっていたのですが、最近よく聞くHIPS(Host Intrusion Prevention System)がおっしゃってるケースの対策にならないのでしょうか?(実は私はHIPSが何の事だかはっきり理解していないのですが。
プログラムで言うとProcessGuard、Prevx、DefenceWall、Winsonar、System Safety Monitorとか。Cyberharkもそうなのかな?
この中では私はPrevxを使った事があるのですが、KAV ではプロアクティブディフェンス(但し、そういえばKAVユーザーでProcessGuardを使っている人は多いですね。)とか、ZAではプログラムファイヤーウォールやSmartディフェンスと同様のものではとはいう印象でした。
私はとりあえずPrevxは重かったので長年の付き合いだし、邪魔にもならないのでWinPatrolを使ってます。

関係ないかもしれませんが、私は以前は知らないで変なサイトにアクセスしないようにProtoWallと言うIPフィルターを使っていました。
このプログラムは前記の使用意図とは関係ないのですが私のPCとブラックリストにあるIPとの間で通信がある時警告してくれていました。
この機能はお話しの件の対策にはならないものでしょうか?

ブラックリストの作成にはBlocklist Managerとソフトを使っていました。
既知のスパイウェア、アドウェア、ハイジャク、トロイ関連のIPをブラックリストに載せていくれているので知らない間に自分のPCがそれらのIPと通信するのを防いでくれます。

ただ、元々はP2Pのセキュリティーソフトなので一般の有名メーカーにもアクセスできない事があるのが難点でした。
もちろん、IPをリストから除外してもいいんですが、有名メーカーでも信用出来ませんからね。
私の場合はどうしてもという時はSandboxieでアクセスしていました。

ところでProtoWallはインストールがマニュアルなしには難しいかと思われるのですが日本語で解説しているサイトが見付かりません。
なので英語が苦手でこのような対策に興味がある方は類似ソフトのPeerGuardian 2を使うのもいいかも知れません。(但し、リストはPG2のものではなく、BMのものを使えばですが。)
一般的にはPWの方が評価が高いんですが、個人的にはかなり重かったというPG1の評価がPG2にも引き継がれているのかなという気がします。
確かにブロック力はPWの方が上のような気がしますが、PGの方が使い勝手がかなりいいです。

またFWがOutpostならBlockPostも同様の目的に使えます。ZoneAlarmもZA Updateを使えば同じ事が出来ると思います。(但し、上記のうちどちらかはBMのリストを使うと重くなりすぎて使えなくなると聞いた事があるような気がします。)

私は、警告が鬱陶しい過ぎたり、PCの起動やシャットダウンが遅くなる事もあり、サイトアドバイザーを知って以来、P2Pも怪しいサイトも利用しないし、ウェブブラウジングだけならこれで充分だと思い、今はもうこのプログラムは使っていません。(といっても1年間も使い続けました。)
ですが、あかかげまる様のお話を伺い、使っていた方がいいのかなという気がし出して来ているのですが、いかかがなものでしょうか?
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.4 )
日時: 2007/01/15 00:55
名前: e-kun

ZoneAlarm Proを使っていましたがトリプルファイヤーウォールはOSの改変を防いだりします。
何でも防ぐためにHD革命Backupと相性が悪く復元が出来ませんでした、ZoneAlarmのOSファイヤーウォールにた機能で、カスペルスキーInternetSecurityにもZoneAlarmにもプロアクティブディフェンスと言う機能があります。
こちらの方が色んなソフトと競合が少ないように感じられます。
他のサイトから見た情報ですがF-secureやG DATA アンチウイルスキットなどには違うバージョンのエンジンを提供してるみたいです、カスペルスキーエンジン使ってるSGアンチスパイもVer4のエンジンと言うのをどこからか聞いた気がします、カスペルスキーで検知出来たのにSGで検知出来ないものもありました。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.5 )
日時: 2007/01/15 11:23
名前: あかかげまる

スクフラグ様おはようございます。

ZA Security Suite 7 の試用版 15日しか利用できないのは短すぎますよね^^;;

平均2-3時間利用での試用期間を設けて頂くとありがたいのですが・・

内部から外部への通信はパソコンを操作しているユーザー側で「目視」確認する事は非常に難しいのが現状です。

例えば、マカフィーサイトアドバイザでは危険であるか無いかを目視出来ます。

でも、アプリケーションがLAN→WAN(外部)へリクエストパケットを通知しようとした場合、通常のWindowsでは何所へ通信リクエストしたのか目視確認する事が難しい且つ「通信ログ」を取得していても、逐一分析する作業も非常に面倒です。

これらを簡素化してくれるのが、ご指摘いただいたZAやProtoWall(利用した事がありませんが・・)ですよね。

冒頭申し上げた問題点、、LANからWANへアクセス試行するアプリケーション(取り込んでしまったアンチウイルスでは検出する事が難しい悪意あるツール)
一番分かりやすい例だと、スパイウェアドクターでしょうか?このツールは内部から不正アクセスし、外部からスパイウェアドクターをセットさせる仕組みになってます。

これらの対策には、現状スクフラグ様ご指摘のIPブロックツール等で対策する他無いと私は考えます。ZoneAlarmで通信先IPに危険がある場合自動遮蔽してくれる機能があれば、その機能と同期してアンチウイルスが働いてくれると尚好ましいかと思う次第です。

e-kun様おはようございます
OSへの改編を防ぐ機能がトリプルファイヤーウォールだたんですね。私も知らなかったです、^^;;ありがとうございます。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.6 )
日時: 2007/01/15 18:19
名前: スクフラグ

>あかかげまる様、
お返事ありがとうございます。

IPブロックを使う方法はPCの使い心地を考慮した場合ベストとは言い難いです。
ブロックリストを全て選択してIPブロックを常時使っていた頃、私はよく「こんなに自分のPCはブラックリストにあるIPからスパイされていたんだ!」と常にパラノイアにされていたものです。
(といってもブロックリストの中からどれを除外すべきか選択するのも難しいんですが。
ZAの宣伝文句には「PC内部に入り込むウイルスやスパイウェアの防御と駆除にも対応」や「インバウンド/アウトバウンドのトラフィックの監視」とあり、これによって勉強不足の私にはZAはおっしゃる問題に対応ような気がするので、ここではこのように宣伝文句を自分に都合よく解釈しておこうと思います。

そう言えば、常時使用を止めてからはProtoWallを使ったのはPC Cleanという怪しげなソフトをインストールし、私のPCがソフトの作成元の会社のIPに通信をしないかどうか監視するというような用途にでした。
IPフィルターの使用はこのようにブロックしたいIPアドレスを知っている時に止めておいたほうがいいですね。

ちなみにZAにはサードパーティーのものだけどログビューアいくつかあります。
どれも使ったことがないのですが、ZAlertというソフトはリアルタイムで表示する機能があったと思います。
またZAならIPブロックにProtoWallのようなフィルターいりません。
セキュリティー設定をバックアップした時に出来るXMLファイルにブロックリストの情報を書き加えてリストアしてやればOKです。
ただ、BLのブロックリストをフルで使うと1Mくらいあるリストなるので重くなりすぎてZAが動かなくなるかもしれません。

> ZA Security Suite 7 の試用版 15日しか利用できないのは短すぎますよね^^;;

他のタイプのソフトでは1ヶ月も必要ないかもとも思うんですが、セキュリティーソフトの場合、PC使用中ずっと使い続けるものだし、そのソフトに問題があるとPCの使用自体、躊躇せざる負えなくするタイプのものなので、不具合を出す状況はないのか購入前には徹底的に試しておきたいですからね。
それと試用版使えるPCって大抵プライベート用じゃないですか。
そうだと休日以外使用する機会が少ない場合が多いし、15日間では不具合が出そうなケースの殆どが洗い出せない気がします。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.7 )
日時: 2007/01/15 19:27
名前: スクフラグ

>e-kun様、
お返事ありがとうございます。

>ZoneAlarmのOSファイヤーウォールにた機能で、カスペルスキーInternetSecurityにもZoneAlarmにもプロアクティブディフェンスと言う機能があります。
そうですね。私も同様の事を書いたのにと思ったんですが、
    >>> ZAではプログラムファイヤーウォールやSmartディフェンス <<<
のプログラムファイヤーウォールのところは、タンパリングコントロールはOS ファイヤーウォールとあるから間違いでしたね。
ところでSmartディフェンスは何なんだろう?多分、語呂か勢いで書いちゃたんだろうな。
それとKAVとZAのこれらの機能の事がHIPSなんでしょうね。(違うかな?)
後、今、気付いたのですが、HIPS的なものとして未だにSpywareGuardを使ってました。 

> F-secureやG DATA アンチウイルスキットなどには違うバージョンのエンジンを提供してるみたいです、カスペルスキーエンジン使ってるSGアンチスパイもVer4のエンジンと言うのをどこからか聞いた気がします、カスペルスキーで検知出来たのにSGで検知出来ないものもありました。

いろんなウィルステストでF-secureとKAVの検知力が殆ど変わりない事から、ZASSのアンチウィルスのシグネチャー数がKAVのに比べ極端に少ないという心配はないと思いますが、どうでしょうか?
(極端に減らされたシグネチャー分をF-secureではKAV以外のエンジンがカバーしているという考え方もありますが。) 

ZASSのアンチウィルスにはWebアンチとicheckerとiswiftはないみたいですが、OEMで提供されているエンジンはKAVのものと違うというのはこの程度の事ではないのでしょうか?

あと、F-secureよりカスペルスキーは更新回数が多かった気がします。
F-secureは週末は更新がなかったという印象があります。 
私的には問題ないんですが、検知力ゼッタイのカスペルスキーファンの方には不満でしょうね。

そういえばAVSの更新はカスペルスキーの担当なのかな?
AVSにはicheckerとiswiftもあるそうですし、AVS+ZA Proで$10セーブするのもいい気もしますね?(AVSにはいろいろ胡散臭い噂があるので$10程度の差なら私はZASSを買いますが。)

言い忘れましたが、KAVにはもうすぐ(すでに?)メジャーアップデートがあるのでは?
HPに「新しいヒューリスティックエンジンがサードパーティーのテストでいい成績だった。」みたいな記事がありました。
AV-ComparativesのテストでKAVのヒューリスティックエンジンがほぼビリだったとカスペルスキーファンが大騒ぎだった頃なのでよく覚えてるんです。
こういうメジャーアップデートにZASSはすぐ対応してくれるのでしょうか?
4〜7週間の予定だったベータ状態を8週間も続け未だ不安定だというZASSの事ですから対応まで1年くらいかかるような気するんですけど。
これとか以前に言ったZoneLabsとカスペルスキーの関係がいつまで続くかという疑問とかを合わせるとZASSには将来的に不安な点が多いですね。

ただ、私にはKAVのヒューリスティックなんてどうでもいいんです。
私の場合、PCでそれ程危険な事する訳でもなく、大きなウィルス被害も1度しかないので(その1度が学科全体にウィルスを撒き散らすという酷いものだったんですが。 )検知力がAV選びの絶対的な要素でなく、ネットやPC自身の使い心地への影響も重要なんです。
私にとってヒューリスティックの利点は本来の未知のウィルスに対応してくれる事とかでなく、NOD32のようにプログラムを軽くしてくれる点のみにおいて重要なのでなので、KAVのようにすでに重いAVでは特に重要だとは感じないんです。(対応シグニチャー数が多く更新も早いので未知のウィルスにもいずれすぐ対応してくれるでしょうし。)

だから以前もカキコしたんですが、快適さからNOD32+LNSやJetico、Comodo(私が試した半年前と比べ、最近は随分評判が上がりましたね。)も結構いいと思います。
対応シグネチャー数とヒューリスティック エンジンの両方がいいものがどうしても欲しい場合は、軽さも充分で全体的にバランスがいい、AntiVir ISSもいいですね。
複数年でもそれ程安くならないのが難点なんですが。
ただ、Wilders Security では「KAVとNOD32の子供はなにか?」とスレッドでみなさんはAntiVirでなくDr.Webの方を揚げていたのでこちらはかなり安いのでDr.Web+LNSやJetico、Comodoも捨て難いです。
軽さがどうかだけは知りたいんですが、もう新しいものを試用してPCを汚したくないんですが、どなたかDr.Webの軽さについてご存知ないでしょうか?

また、セキュリティーソフトの選択の悩み書いてしまいましたね。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.8 )
日時: 2007/01/16 11:32
名前: あかかげまる

スクフラグ様、おはようございます。

多数のご意見誠にありがとうございます。

ますシグネチャー数で対応出来るウイルスパターン数はカスペルスキーが圧倒的ではないかと思います。

アクティブウイルスシールド+ZAでも最強のセキュリティを構築は私も賛同です。しかし・・AVSの安定度がいま一つしっかりしていない、、と言うか安定度はシステムに依存している可能性があります。

これは同じカスペでも、言語の問題が一番大きい可能性があり、英語版のOSでは試した事がないのですが・・恐らく1バイト文字関係のOSであれば安定度は数倍になるとおもいます。

しかし、、最大のネックはAOLさんからの提供であり、何時サービスを終了するのかが不明・・且つAOLユーザー様のみ提供ではなくどこの誰でも利用規約に準ずるのであれば誰でも利用できる

上記の部分が非常に引っ掛かります。

ソースネクストさんの様なマーケット活動等があれば、まだ納得いくのですがそれも無いとするとAOLさんにとってなんのメリットがあるのか、、ダークなイメージが強いだけによけいな不安感が増大します。

AVSのパターン更新に付きましては、調べたわけではありませんが、カスペルスキーさんの一部データーベースサーバーを共用していると思います。

Dr.Web
どうなんでしょうね?昔このツールをセットしたPCでパソコンウイルスを検出した警告画面が無限ループを繰り返すトラブルを処理した事があったのですが・・当時を振り返ると動作面は軽かったと記憶します。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.9 )
日時: 2007/01/16 18:43
名前: スクフラグ

単純に考えてほぼKAV5が無料は美味しすぎますしね。
少しコードをいじるだけでスキンをASVのものから変えて、見た目を完全にKAVといっしょに出来るそうです。
もしASVに胡散臭いものがなければ、KAV6を買うユーザーはバカみたいですよね。
先日いろんな雑誌でAVSを勧めていたのを読んで気付いたんですが、(どういう事かを言うのは控えさせてもらいますが)何故AOLがこういう事をする理由の1つがわかったような気がします。

Dr.Webについてですが、アンチウィルステスト結果の文書を読んでるとここ1年で急進化したみたいですよ。AntiVirもそうみたいです。
NOD32はかなり前からよかったみたいですが、カスペルスキーの評価がよくなったのはここ数年くらいで、それ以前の評価は芳しくなかったようです。
だからか、Dr. WebかAntiVirは近い将来カスペルスキーのようになる気が私にはします。

ところで前回は他のソフトへの賞賛ばかりで言い忘れたのですが、ああはいいながらも、ZA SS 7.0には前回賞賛したソフト以上である事を期待しているんです。
KAV+ZAPと、あのプライバシー保護機能はやはり魅力です。ZAのプライバシー保護機能は他と比べ圧倒的に優れていますよね。
ただ、どんなに優れたプライバシー保護機能でもセキュリティーのプロの方はそなたも「気休め程度」としか言って下さらないので結局はPCには個人情報を一切入力せず、オンラインショップにはLive CD Linuxを使う事になると思います。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.10 )
日時: 2007/01/16 19:55
名前: e-kun

スクフラグさんあかかげまるさんこんばんは
ZoneAlarm Proを使ってた時期も有ったのですが本当に良いソフトだと思います、ただHD革命と非常に相性が悪くてカスペルスキーAntiHackerに乗り変えました。
アーク情報システムの方でも確認はしてくれたのですが今の所対処のしようが無いとの事でZoneAlarmは以後は使ってません

カスペルスキーのバージョンアップは今の所ないです、ジャストシステムにも聞いたのですが、ビスタ発売目前にも関わらず日程は今現在未定とのことでした、折角ビスタを予約してるのに導入はまだ出来そうにもありません、他社のカスペルスキーエンジンはあくまでどこからか聞いたので自分は分かりませんが、カスペルスキーで検知出来る4つのマルウェアーをSGで検出できなかったのは確認しましたよ。
色んなセキュリティーをお試し無しで購入しましたが(今考えれば馬鹿ですけど)Dr.Webは使った事は無いのですがNOD32より軽いと言うのをいくつかのサイトで見た事がありますよ。
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.11 )
日時: 2007/01/17 00:17
名前: スクフラグ

e-kun様、
つい先程、大幅更新されたばかりでZASSの詳細について解説しているページは見当たらないのですが、
一応、検知力を示すのにZAのHPではウィルステストの結果としてKAVのものを使っていますので、シグネチャー数は同じじゃないと考えてよろしいのではないでしょうか?
ttp://www.zonelabs.com/store/content/catalog/products/tests_certs.jsp?dc=12bms&ctry=&lang=en

それとこれを書いている間に思いつたのですが、ZASSのアンチウィルスにはWebアンチはありませんが、Sandboxieを使う事で代わりになりませんか?
ネットスピード低下もないでしょうし、こちらの方がベターだと思います。
(もちろん、Webアンチと合わせて使えば更に安全でしょうが、NOD32のIMONでは使えないとあります。)

KAVのアップデートについてですが、もちろん7.0が出るとかではないですよ。
こちらからするレベルのアップデートです。
ttp://www.kaspersky.com/productupdates
ttp://www.kaspersky.com/productupdates?chapter=186435857 (KAV)
購入したままならVer.6.0.0.303だと思います。確か、どなたかVer.6.0.1.411を使われていませんでしたっけ?

どこで読んだか忘れましたが、KAVのPDM(Proactive Defense Module)がもうすぐ改善されたアップデートがあるという記事をよく見る気がするんですよ。
このひどいテストが話題になっていた時( ttp://www.av-comparatives.org/seiten/ergebnisse_2006_11.php )カスペルスキーのHPではこういうニュース( ttp://www.kaspersky.com/news?id=207575452 )もポストされていましたし。
ちょっと検索して見つけたこちらでも( ttp://forum.kaspersky.com/index.php?showtopic=25220&hl=heuristics&st=0 )dah145さんなどもおっしゃっています。

ところで上のリンクを読んで思ったのですが、KAVのPDMってヒューリステックの事ですよね。
コードレベルまでのものだと思ってたのですが。(前回ではこれがHIPSという理解でした。)
でもこの記事には( ttp://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/1120/nod32.htm )NOD32のヒューリスティック検知方法は「コード分析」の他に「仮想環境でのコードシュミレーション」があるとあります。
Norman Sandboxの「サンドボックス/エミュレータ分析」みたいな仮想マシンでファイルを実行してウィルスを検知するというのと同じものだと思うんですが。
アンチウィルスではBitDefenderのB-HAVEでもこういう分析をしていると思うんですが、先に示したテストでこれもNOD32とともに成績いいですよね。
KAVはHPでの説明を読む限りはこんな分析していないみたいですし、アップグレードではこれが加わるんではないでしょうか?
メンテ
Re: ZoneAlarm Security Suite 7 ( No.12 )
日時: 2007/01/17 05:34
名前: スクフラグ

皆様、おはようございます。  … 早起きしすぎました。

ところで昨夜のポストで示したニュースは勘違いでした。やはりPDMはHIPSという理解が正しかったみたいです。あの記事の中のテストとヒューリステックとは関係ありません。
スキム程度にしか目を通さないで以前読んだヒューリステックについてニュースの事だと判断したのが間違いでしたね。
それと確かにKAVのヒューリステックがどこかのウィルステストでいい成績を取ったという記事を見たと思ったんですが、HPのアーカイブにも残っていないのを見ると思い違いだったかもしれません。

ただ、アップデートについては、先程のリンクの中でIBKさんはKAVの新しいヒューリスティクを見たとまでおっしゃっていますので、間違いなくあると思います。
次のリンクではこんな会話もされていますし。( ttp://forum.kaspersky.com/index.php?showtopic=28498&hl=av-comparatives )

因みに、前回はPDMのアップデートと書いたのはヒューリスティクと混同してたからで、間違いです。
ただ、これもうろ覚えなんですが、PDM自体のアップデートについてもよく目にする気がするんですよね。
それと又々これもうろ覚えなんですが、他のポストでおっしゃられてた事からIBKさんはAV-Comparatives関係者の方ではなのかな?と思った記憶があります。

とにかく私の興味はZASSにもこれが対応してくれるかなんです。
前回のポストでリンクしたスレッドを読むとアップデートにはKAVを一からインストールするのでなく、「アップローダーからの自動更新でアップロードされるだろう。」とおっしゃってる方がいらっしゃいますので、ZASSでもすぐ対応してくれるような気がします。
でもそうなら大容量のアップロードになると思うんですが、サーバーは大丈夫なんでしょうか?
ESETのサーバーはすぐパンクするので大容量のアップデートの時は試用版のユーザーは3日くらい待たせるとか言いますしね。
メンテ

Page: [1]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存