Re: アンチウイルスについて ( No.1 )
日時: 2006/05/28 21:33
名前: 管理人

e-kunさんこんばんわ。
検知試行から幾分日時が過ぎているので、、記憶があまり定かではありません

印象に残るのはウィルスチェイサーの無言の防御。余計な心配を掛けない配慮で、大多数のPCユーザー様に向いていると思います。しかしウィルス感染の原因に気付かないで、幾度となく実行試行の結果感染と言う懸念もあります。

パソコンウィルス=未知との遭遇のようなもので、、もしも、いきなり「パソコンウィルスを発見」なんて表示されても・・ものすごくパニックになるだけですし

カスペルさんのエンジンも確かに優れていますが、慣れていないユーザー様はカスペルさんの警告は正直なところ意味不明です。

セキュリティー=ユーザーにとって安心できて頼りがいのあるセーフティー(保険、保護)で有るべきだと私は重点を置きたく思います。

過剰な表現は控え、それとなくユーザー様に警告を発するセキュリティーでレーティングするとすれば

1、ノートン、ウィルスバスタNEWバージョン(不安を煽る画像は皆無)
2、ムーミン(ムーミンの画像で、あまり不安を与えない)
3、ビットディフェンダ、AntiVir7(英語表記の為、意味がわからないので逆に良いかもです)
4、カスペル、NOD32、マカフィー(警告文章がミドルユーザー以上で、PCユーザ大多数に不安を与える事が懸念。私的にはレーティング1、なのですが)
5、ウィルスチェーサー可でもあり不可でもあります。どちらかと言えば可の方が強いです。(無警告は少々難ありかもです)

今後出来れば、ユーザーのアクセス権限を強制的に監視するセキュリティーの登場も期待したいところですよね。