Avast
AVIRA
CAアンチウィルス
NOD32
ウイルスバスター
ウイルスセキュリティ
ウイルスキラー
ウイルスドクター
ウイルスブロック
F-Secure
カスペルスキー
キングソフト
ノートン
マカフィー
海外のアンチウイルス
日本語アンチウイルス一覧
テスト内容

スポンサードリンク
AVG7FREEウィルステストレポート






英語版無償常駐型パソコンウィルス対策ソフト
海外での評価は、一般的ですが常駐型に加えて動作負荷率も軽いので私はなかなか良いと思います。
但し、表示警告などは英語の為、初心者ユーザー様向けではありません。

テスト環境
Pentium3 1.0GHz
メモリ 256MB
HDD 40GB 5400rpm
システム WindowsXP
セキュリティー AVG7FREE+Microsoft Windows AntiSpyware (Beta)



AVG7FREEのスキャン設定を全て有効に設定の上テスト


XP ServicePack2を未導入の為
ActiveXでは無くCAの認証付き警告画面が表示
この段階ではAVG7FREE Microsoft Windows AntiSpyware (Beta)からも警告画面は無し
以下のセキュリティー警告は「はい」を選択


まずはMicrosoft Windows AntiSpyware (Beta)から
popup64と言うプログラムがスタートアップに登録しようとしていると言う確認画面が表示
Allowを選択し許可することにして見ました。


AVGからはトロイの警告
Microsoft Windows AntiSpywareからはスパイウェアの警告
AVGは「KEEP」を選択
※通常はMovrtoVaultを選択し隔離してください。
Microsoft Windows AntiSpywareはAllowを選択し許可
※通常はRemoveを選択して、除去する作業を選択してください。


特にXP上ではなんら実害はありません
ただバックグラウンドでpop64と言うプログラムが動作し
InternetExplorerの動作が異常に重くなりました。
以下は急に表示されるポップアップ画面です。
これを正当性のある広告ですと言った研究者は尊敬します、、ただのスパムマニアですね。


重いIEでなんとか私のPCをやっつけてくれたサイトへ到達
セキュリティー警告が表示「はい」を選択。


即両セキュリティーから警告が表示
AVGは「KEEP」 MSAntiSpywareは「Aloow」を選択


なにやら意図不明なツールがインストールされてしまいました。
画面右下に奇妙なアイコンが表示されているのが確認できます。
特になんら実害はないようなのですが、常駐ツールを削除させてくれない状況です。


一旦AVGにてウィルススキャンを実行
多数のトロイが検出されました。
全て削除を実行


念の為
トレンドマイクロオンラインスキャンを実行
AVGでは警告されていないJAVA系のウィルスも発見


しばらくするとErrorGuard画面が勝手に表示
ErrorGuardは、勝手にユーザーのPCをスキャンし
「貴方のPCは沢山の不具合があります」ErrorGuardを購入して修復してください。
と言う新手のフィッシングツールです。決して信用してはいけません。


テストを終了する間際に以下の警告画面が表示
トレンドマイクロオンラインスキャンで発見されたJAVA系ウィルス
隔離ボタン操作も削除操作を実行してもこの警告画面が消えることはありませんでした。


これにてAVGテストレポートは終了です。
使用感に付きましては、反応が少し遅いような気がします。
ネットワークパケットを監視するのではなく不正処理を行う時点での反応なのでしょうか??
お勧めとは言い難いものの、無料なので自己判断で・・

TOPメニューに戻る




スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader