DVDFab Decrypterの使い方






注意事項、自己所有のコンテンツCDやDVDの保護やパソコンでの利用利便性を説明するページです。必ず著作権ルールを守ってから御覧ください。詳しくはACCSまたは文化庁著作権を御覧ください

スポンサードリンク

DVDFab Decrypter 無料バージョンの使い方説明

無料バージョンで選択できるメニューは【FullDisc】メニュー(DVD全部バックアップ)と【MainMovie】メニュー(動画データや音声データ個別にバックアップ)の二つになります。コピーしたいDVDの内容によって好みのバックアップ手順を選択します。

DVDのバックアップ手順(FullDisc)の説明
バックアップまたはコピーしたいDVDをパソコンにセットします。
※DVDをコピーする場合は、DVDブランクンディアとパソコンにDVDデータを書き込むツールが必要です。もしパソコンにDVD書き込みツール(DVD作成ツール)が無い場合は、こちらから無料書き込みツールを取得してください。


DVDFab Decrypterを起動してバックアップしたいDVDをパソコンにセットすると読み込み作業が開始されます。DVDの再生時間によよりますが、通常の2時間映画の場合であれば1分程度解析に時間が必要になります。

メニューの説明

DVDの内容を全てパソコンに保存(吸い出し)する事が出来るメニューです。
Source項目は読み込み先DVDドライブです。
Target項目は吸い出したDVDデータを保存するドライブ名とフォルダ名(パス名)です。
Remove DTS Audio項目はドルビーサウンドとは別にサラウンドサウンドデータがDVDに記録されている祭、パソコンに保存する際にカットできるオプションです。HDD容量の空き容量が十二分にあれば特にカットする必要は無いと思います。(チェックを入れるとカット出来ます)
準備が出来ましたらStartボタンで吸い出し開始します。

※DVDイメージの読み込みが完了出来ましたら、以下の状態になります。このツールはプロテクションを解除する事は可能ですがDVDシュリンクの様にデータを圧縮して保存するのでは無く、概ねそのままのデータ容量でパソコンに保存されるので、保存先ドライブの空き容量には注意してください。


Startをクリックすると状態表示画面に変わります。完了するまで待ちます。


バックアップ完了出来ましたら以下の確認画面が表示されます。【OK】をクリックします。


作業を完了する場合は、【Finish】ボタンをクリックします。


吸い出しされたデータはマイドキュメントフォルダのDVDFabと言うフォルダに保存されます。(※保存時Target項目でパスを変更していない場合)
保存先フォルダを開くと【FullDisk】フォルダがあり【ボリューム名】フォルダが自動的に作成されます。その中にある【video_TS】フォルダを開くとDVDデータが保存されています。


別のDVDへコピーする場合は、吸い出ししたDVDデータをすべて別のブランクメディアのDVDに書き込む事でコピーする事が出来ます。無料のビデオメーカーと言うツールを使ったDVD書き込み方法の説明はこちら


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





ページトップへ戻る

メニュー