VSO DivxToDVDの使い方






注意事項、自己所有のコンテンツCDやDVDの保護やパソコンでの利用利便性を説明するページです。必ず著作権ルールを守ってから御覧ください。詳しくはACCSまたは文化庁著作権を御覧ください

スポンサードリンク

VSO DivxToDVDで動画データを家庭用DVDで再生させる変換方法の説明

変換したデータをDVDとして作成する場合はビデオメーカーフリーを参照下さい。


VSO DivxToDVDは以下のアイコンから起動する事が出来ます。


起動すると以下の確認画面が表示されます「試用」をクリックしてください


画面が表示されましたら「ファイル」メニューから「ビデオファイルの追加」をクリックします。


ファイルの選択画面が表示されるので、変換したい動画データをクリックして「開く」をクリックします。


ファイルを追加すると以下の画面上に表示されます。右下の「変換」をクリックするとデータを変換する作業が開始されます。


動画データ変換作業中の画面です。完了するまで待ちます。


作業が完了出来ましたら、マイドキュメントフォルダに変換済みデータが作成されます。
マイドキュメントを開いてDivxToDvdフォルダを開きます。


上記のフォルダを開くと、自動的に作成されたフォルダが存在しますのでさらに開くと「VIDEO_TS」フォルダがあります。ビデオDVDフリー等でDVDを作成したい場合、このVIDEO_TSフォルダの中身(〜.VOBファイル等)を全て指定してDVDを焼けば家庭用プレーヤーで再生する事が出来るDVDが出来ます。


DivxToDvdでリストアップしている動画は以下の作業で削除する事が出来ます。


簡単ですが説明は以上です。

ページトップへ戻る


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader






メニュー