DVDの圧縮率や音声データ保存オプション






注意事項、自己所有のコンテンツCDやDVDの保護やパソコンでの利用利便性を説明するページです。必ず著作権ルールを守ってから御覧ください。詳しくはACCSまたは文化庁著作権を御覧ください

DVDシュリンクでDVDをパソコンに保存する際に、きめ細かく必要なデータや圧縮率等を変更する事が出来ます。

スポンサードリンク

バックアップするDVDをパソコンへセットして、OpenDiskを選択した状態です。左側はDVDの個別ファイルを表示しています。確認したい場合はクリックして選択してプレイボタンで左下画面で確認可能。
DVDシュリンクのバックアップデータ

右側の画面は圧縮サイズを変更したりバックアップするデーターを個別に選択することが可能です。
例えば日本語吹き替えデーターが不要な場合は「AC3 5.1-ch Japanese」のチェックを外せば日本語吹き替えをバックアップしません。
音声ファイルの種類

映像圧縮サイズを手動変更したい場合は「Custom Raito」に変更して変更する事が可能です。
100%にするとフルレートでバックアップは可能ですが、後でDVDにバックアップを考えているユーザー様はDVDの容量に合わせた方法がいいと想います。
圧縮率変更

DVDバックアップ容量の目安は4500MB未満がベストです。(二時間DVDメディアの場合、二層式DVDの場合は8000MB程度までなら特に問題ありません。)
DVDバックアップサイズの確認

Open Filesボタンから、HDDにバックアップした映像データーを確認することも可能です。
フォルダーの参照画面から保存先フォルダーを選択て確認するファイルを選択し、プレーボタンで確認する事が可能です。

DVDシュリンクでの圧縮サイズ変更の説明は以上です。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





ページトップへ戻る

メニュー