DVDシュリンクで保存したデータを別のDVDへ書き込み






注意事項、自己所有のコンテンツCDやDVDの保護やパソコンでの利用利便性を説明するページです。必ず著作権ルールを守ってから御覧ください。詳しくはACCSまたは文化庁著作権を御覧ください

バックアップの説明画面に書いています「VIDEO_TS」フォルダーごとDVDにバックアップすればビデオDVDのバックアップが可能です

※全てのDVDがバックアップできるわけではありません。自己責任上でお試し下さい。

今回はDVDシュリンクと連携できるDVDライディングソフトnero6 を使って説明します。

スポンサードリンク



無料 DVD作成ツール Video DVD Maker説明はこちら



neroの起動画面で「DVD」アイコンをクリックし
「画像とビデオ」を選択
「DVDビデオ作成」を選択します。
※neroのバージョンによってはDVDビデオ作成画面の出し方は異なります。
各自説明書をご確認の程よろしくお願いいたします。
ネロ6

DVD作成画面
「VIDEO_TS」フォルダーをダブルクリックして下さい。


ファイル追加画面にてフォルダー選択が「VIDEO_TS」になっているかを確認の上右上の「追加」ボタンをクリックします。


DVDシュリンクでバックアップしたフォルダーを図のように選択し開きます。
開くフォルダーは「VBIDEO_TS」フォルダーです。


DVDシュリンクの保存先フォルダーの「VIDEO_TS」フォルダーを開くとバックアップしたデーターが表示されます。
このファイルを全て選択します。この次の画面を参照してください。
DVDシュリンクで保存したDVDデータ

右クリックすると「全て選択」メニューが表示されますのでスリックし全てのファイルが青く反転します。
「追加」ボタンをクリックして「完了」をクリック


下図のようにneroDVD作成ファイルに追加されましたら「次へ」ボタンをクリックします。


書き込みオプションメニューです。
一番上の表示されるドライブは必ずDVDを書き込むドライブを選択次に書き込み速度を選択、2倍程度がベスト。ドライブによっては4倍でもOKかも知れませんが再生する器機によっては4倍で書き込むと、読み取れない可能性もあります。

設定が完了できましたら、「書き込み」ボタンをクリック。
※DVDのブランクメディアをセットしておいて下さいね。


書き込み開始画面です。
バッファアンダーランがおきる可能性もあるので、書き込みが完了するまで、出来るだけ何もしないで下さい。
※バッファアンダーラン:DVDやCDを作成する上では、データー転送が途切れるとメディア作成が失敗します。正常にメディアを作成させるにはデーターが途切れないようにしないといけません。なるべくPCに余計な負荷をかけないのが鉄則です。


無事DVDのバックアップが完了すると「書き込み完了」と言う画面が表示されます。「OK」ボタンをクリックして、右下に「次へ」ボタンが表示されますのでクリックして作業完了です。念の為上手く見れるか確認して作業完了となります。

※上記の説明はnero6での説明です。他のDVDライディングソフトでは少し異なる為それぞれに付属する説明書をご確認下さい。

ページトップへ戻る

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader






メニュー