Windows Media Player 11 音楽CDを作る





Windows Media Player11オリジナルCDを作る方法の説明です。
音楽CDのパソコンへの保存はこちらを参照
■音楽CDの作り方
音楽CDから音楽データをパソコンに吸出し(保存)が完了出来ましたら、好みの音楽データをミックスしてオリジナルCDを作る事が出来ます。また、元CDをキヅ付けたくない、大切にしたい場合、通常視聴用のコピーCDを作成する事もできます。
オーディオCDを作成する場合は、吸出しの際必ずWAVデータ形式でなくてはなら無い為ご注意下さい。

メディアプレーヤーの【Burn】をクリックします。再度【Burn】をクリックするとメニューが表示されます。
【AudioCD】をクリックすると、音楽CDを作成する事が出来ます。
※MP3やWMAを作成する場合などはDATACDを選択します。


次にメディアプレーヤーを開いたまま、マイミュージックフォルダを開きます。
※メディアプレーヤーで吸出し(保存した音楽データ)したデータは
マイミュージックフォルダの中に、アーティスト名の中にあるアルバム名別のフォルダに保存されているのでそちらを開きます。
今回は中島美嘉さんのLOVEをパソコンに取り込んだので
スタートをクリックして【マイミュージックフォルダ】を開き【中島美嘉】フォルダを開き、その中にある【LOVE】を開くと吸い出したデータを参照出来ます。
※2、メディアプレーヤは開いたままでOKです。


次に音楽CDにしたいデータをメディアプレーヤーの青い枠の所にクリックしたまま(ドラッグ)もって行きます。


以下の様にCDにしたいデータをクリックしたままメディアプレーヤーの音楽作成データ項目に移動します。
もちろん、好みの音楽をミックスして以下の作業を行う事も出来ます。
マイミュージックから、吸出しした音楽データフォルダを開き、以下の作業を行います。
※一枚のCDに入る音楽は1分10MBとして換算して、通常の書き込み用CD 650MB 又は 700MB として計算します。
例:5分の音楽であれば、50MB必要なので 650MBのCDであれば13曲入る計算になります。
※2、トラックとの間に区切りも入る為、実際には5分の場合52MB程度として逆算しCDを作成する準備とします。


準備が出来ましたらパソコンのCDドライブ又はDVDドライブに新しい書き込み用CDを入れて、【StarBurn】をクリックすれば音楽CDの作成が開始されます。完了すると、CDトレイが開きます。


最後に作成する音楽CDの順番を変更したり、音楽CD作成に間違って入れてしまった場合
メディアプレーヤーの右下にある音楽CDにするデータをクリックしたまま上下移動で再生の順番を編集出来ます。
また、間違って入れてしまった場合は、クリックしてキーボードのDeleteキーを押すと消去できます。(※吸出し下元のデータは消えません。)


以上簡単ですが音楽CDの作り方の説明です。▲トップに戻る


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





音楽CD/DVD関連オンラインショップ
SonyMusicShop今週のオススメ
☆通販限定!80年代、トップ10ヒッツが104曲。全米No.1が50曲。スゴイ!☆
 iTunes Music Store(Japan) iTunes Music Store
アイチューンミュージックストア
アマゾンミュージックストア
在庫があれば即日発送可能なアマゾンオンラインストア。
YAHOOミュージック
旬の音楽、人気のアーティスト簡単検索対応。視聴も可能です。
人気のミュージックプレーヤー
Apple iPod nano 1GB ブラック [MA352J/A]
お勧め度
SONY ウォークマンEシリーズ 512MB/バイオレット NW-E002/V
お勧め度

Panasonic SDオーディオプレーヤー海外対応FMステレオチューナーボイスレコーダー搭載(ピンク) SV-SD370V-P
お勧め度