デュプリケータでDVDをISO

ISOファイルを作ってみよう





スポンサードリンク


■データ量の大きいビデオDVDを作成したい場合(4.7GBを超えてしまう場合)、DVDデュプリケータにて一旦イメージ化データ(ISO形式)を作成し、DVDシュリンクで圧縮を掛ける方法の説明です。
※二層式DVDをご利用可能な場合8.4GBまで作成することは可能です。

またこの方法を利用すれば、コピーコントロール(プロテクト)の掛かったDVDやリージョン2以外のDVDをバックアップする事が可能になります。

これらの作業に必要なのはDVDデュプリケータ・DVDシュリンク・デーモンツール(仮想DVDドライブ)
手順と致しましては、作成したISOデータをデーモンツールに認識させ、DVDシュリンクで圧縮させる手順になります。

注意:バックしたデータは、DVD購入者本人が利用する以外には利用しないでください。左記載以外に利用した場合著作権保護法違反により罰せられます。
DVDコピー問題に付きましてはこちらに詳細があります。ご参照ください。 ■DVDデュプリケータを利用してDVDデータをISOデータに変換する方法の説明
DVDデュプリケータのメニュー「Mode」をクリックし「ISO」メニューから「read R」をクリックします。(DVDイメージ化読み込み指定)
DVDデュプリケータ取得はこちら


ISOデータ出力先(保存先)を確認し、ISO化作業を開始します。
※保存先ドライブは空き容量に注意が必要です。FreeSpaceの記載が8.400.000KB以上ある事を確認してください。


ISOデータ作成中の画面です。
※もし万が一作業を中止したい場合画面右下の赤いボタンをクリックで作業を中止する事が出来ます。



以下は作業完了の画面です「OK」をクリックしてDVDデュプリケータを終了します。



■次にデーモンツールに上記で作成したISOデータを仮想DVDとして認識させます。

Windows右下デーモンツールアイコン(絵)を右クリックします。


メニューが表示されるので「VirtualCD/DVD-ROM」メニューをクリックします


さらに左側にメニューが表示されます。
「Device〜〜Nomedia」をクリックします


さらにメニューが表示されます。「Mount image」をクリックします。


※既にISOデータをデーモンツールに認識させている場合の解除方法の説明
デーモンツールアイコンを右クリックし上記と同じ流れでメニューを選択の上「Unmount Imge」をクリックすれば、既存ISOデータを解除し、新しいISOデータを認識させることが出来ます。


作成された、ISOデータ(DVDデュプリケータで吸出ししたデータ例 〜〜.ISO)をクリックして選択し「開く」をクリックすればDVDとして認識させることが出来ます。


デーモンツールへの作業は以上です。


■DVDシュリンクで先ほどデーモンツールへ認識させたISOデータを、Mpegデータとして圧縮して吸出し(HDDへバックアップ)する方法の説明です。

DVDシュリンクのメニュー画面「OpenDisc」をクリックし、吸出しDVDデータを選択し「OK」をクリックします。


DVDデータのイメージを認識する作業を開始します
※この作業時点ではHDDに保存さてている訳ではありません。DVDの構成を抽出する作業です。


抽出されたDVDデータ構成
右側にあるチェックボックスは、バックアップするDVD構成です。
例えば5.1チャンネル英語音声データが不要な場合はAC3 5.1ch English のチェックボックススをクリックして外すことで保存するDVDデータを低減(容量の節約)する事が出来ます。ちなみにAC3 5.1ch Japaneseは日本語吹き替え音声です。このチェックはなるべく外さない方がベスト。


バックアップするデータ構成が決まりましたら(※上記の設定をそのままで以下の作業を行ってもOKです)、HDDにDVDデータをバックアップ作業行います。

DVDシュリンクメニュー「Backup」をクリックし、表示されたバックアップデータ変換形式を選択「HardDiskFolder」をクリックして「OK」をクリックするとバックアップ作業を開始します。
※DVDデータHDD保存先を変更又は確認する方法はこちらページ中ほどを参照してくださいね。


DVDデータをHDDにバックアップ中(保存中)の画面です。TimeRemainingは作業に必要な概ねの時間です。
作業完了まで待ちます。


作業が完了しましたら、DVDデータ保存先のVIDEO_TSにあるデータをDVDメーカーで自分専用のバックアップDVDを作成する事が可能になります。
VIDEO_TSフォルダからPowerDVDで直接DVDを見ることも可能です。


簡単ですが、4.7GBを超えるDVDの作成方法及びプロテクト&リージョン2以外のビデオDVD作成方法の説明は以上です。

>>ページトップに戻る

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader