RT-200NE ルータ設定







RT200NEのポートを開放する前に、パソコンに搭載されるLAN機器のマックアドレスを確認し、お控えください。IPアドレスでも設定は可能な様ですが、このタイプの場合マックアドレスを指定して開放設定した方が設定に反映されやすいとの事です。
WindowsXPや2000のマックアドレス確認の方法

Windows98/MEの場合は、Windows左下のスターを選択、ファイル名を指定して実行を選択します。表示された「ファイル名を指定して実行」画面に winipcfg と入力しOKを選択します。こちらの画面を参照しマックアドレスを確認してください。

プレイステーション3や任天堂DS、wiiやXBOXの場合は機器に直接シールで貼り付けもしくは説明所に記載があるのでそちらを確認してください。


ルータへのログイン
まず以下のアドレスをクリックするか、InternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキー
http://192.168.1.1

表示されたログイン画面のユーザー名ぶ「user」とパスワード「RT200NEの設定画面を一番最初に開いたときのパスワード」入力し「OK」をクリックします。


※もしもページを表示出来ないエラーの場合は「http://ntt.setup/」でお試しください。

設定画面が開きましたら、詳細設定項目から静的IPマスカレード(ポートマッピング)を選択します。


設定画面が開きましたら、ページ下の方にポート開放を設定する「NATエントリ編集」があります。
エントリ番号:任意の番号でOK。※複数開放するのであれば、1、2、3とそれぞれの設定別で選択します。
変換対象プロトコル:TCP又はUDP 不明の場合は両方選択できます。
変換対象ポート:開放したいポート番号を指定。 全開にする場合は アスタリスク→ * でポート全開に出来るはずです。
変換対象ポートは 単一ポートなら 例:1000 だけを入力し、複数開放したいのであれば例:1000,2000,3000 カンマで区切ると複数指定可能です。ハイフンを利用すると例:1000-2000 とすると1000から2000まで開きます。
宛先アドレス:確認したLAN機器のマックアドレス(フィジカルアドレスとも言います)
確認したフィジカルアドレスはハイフンで記載有ると思います。それをコロンに変えて入力してください。
入力例:00-11-22-33-44-55 だと 00:22:11:33:44:55 注!10進数表記の事は突っ込まないでください。


設定が完了出来ましたら必ず以下の手順1から5を完了してください。

設定出来ましたら1、編集をクリック 2、最新の状態に更新をクリック
3、これ忘れているかた多いです!!必ずチェック入れます
4、適用をクリック


5、最後にメニュー左の「登録」をクリック
登録をクリックするとルータは再起動します。ルータの再起動完了後ポートが開くと思うので確認下さい。
上手く開かない場合は、セキュリティやXP標準のファイヤーウォール解除設定も併せて必要になります。



スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader


▲ページトップに戻る

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認