コレガ ルータ 設定






ルータ型番【型番:BARPROG BAR SW-4P HG BARFX2 BARMXW LBARGP-P WLBARBV2 WLBARAG WLBAR-11 WLBAR-54GT BAR EX 】全て共通設定になります。サーバの公開や、ストリーミング配信、メッセンジャーファイル転送、オンラインゲーム等のネットサービス不具合が発生する場合、アプリケーションが利用する通信ポートを開放する事により不具合を改善する事が出来ます。

※コレガのルータは三種ある方法でポートを開放する事が出来ます。基本的にはバーチャルサーバで開放するのがベストですが、上手く開いてくれない場合は記載したDMZやスペシャルアプリケーションでお試し下さい。

設定メニュー

注意:スペシャルアプリケーションで設定する際は、以下IPの固定は特に必要ありません。

ポート開放前の準備。まずパソコンのIPアドレスを固定します。次に開放するポート番号の確認。
※IPアドレスを固定しなくとも、開放する事は可能ですが、ルータを再起動させたりした際、今までパソコンに取得していたIPが変更になる可能性もあり、その際また開放設定を行う必要があり出来れば固定設定される方がベスト。

IP固定方法うの詳細説明はこちらXP、2000 98、ME
特に以下の様に設定しなくても、好みのIPアドレスで固定すれば設定可能です。
このページでは、以下の固定設定を例にして説明します。



スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認