VLC Media Player サーバ設定






メニュー トップ VLCインストール VLCサーバ設定 配信データ選択 テレビ配信 視聴者側の設定


注意)VLC Media Playerを閉じるとサーバ設定は保存されないで消えてしまいます、配信を行う毎に毎回以下の設定を行う必要があります。

まず音楽や動画のストリーミング配信を行う前に、ポートの開放作業が必要になります。デフォルト値のプロトコル:TCP ポート番号:1234 を開放しておくと良いでしょう。
※フレッツADSL、Bフレッツ、CATV、有線BB(ルータの利用が無い)、YBB 3-Gplus トリオモデム 3-G 26M 12M YBB光以外の利用者様はポートの開放作業は必要ありません。上手くストリーミング出来ない場合は、XPやウイルス対策ツールのファイヤーウォールのみ設定を解除設定が必要になりまます。

※VLC Media Playerの開放するポート番号は、プロトコル:TCP ポート番号:1234 になります。
(初期値なので変更出来ます)

ストリーミングを行うには、まずグローバルIPアドレスが必要です。
グローバルIPアドレスを確認はこちらをクリック
以下のページが表示されますので、グローバルIPアドレスを控えます。※グローバルIPアドレスは配信先のユーザー様に伝えるIPにもなります。相手側に伝えるIPサンプル http://210.132.137.194:1234 ←のアドレスをVLC Media Playerネットワークストリーミング項目に設定すればストリーミングを聞いたり見たりする事が出来ます


次にVLC Media Playerのファイルから、ファイルを開くをクリックします。


高度なオプションの【stream/save】項目にクリックしてチェックを入れ【設定】ボタンをクリックします。


以下の様に設定します。
※アドレスには、配信するユーザーのグローバルIPアドレスを入力します。下図の番号を入力してはいけません。


元の画面に戻りましたら、「OK」をクリックして設定完了です。
※参照ボタンから、直接ストリーミングしたい音楽データや動画データを選択してOKをクリックすると即配信が開始されます。


WindowsXP をご利用の場合は以下のファイヤーウォールブロック解除確認が表示されます。【ブロックを解除する】を選択しておくと良いでしょう。



スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader


▲ページトップに戻る

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認