Web Caster 720 広範囲のポート開放






設定メニュー(何れかの方法でポートを開放する事が出来ます。)
バーチャルサーバで単一ポート開放
バーチャルサーバで広範囲のポート開放サンプル
DMZで全てのポートを開く設定

Web Caster 720と言うルータタイプのモデルをご利用時、オンラインゲームやサーバ公開P2P等が利用出来ない場合、ポート開放作業を行う事で、通信不具合を改善出来る事があります。

設定前に開放するポート番号とパソコンのIPアドレスを調べてから設定作業を行います

Web Caster 720の設定画面表示方法
機器に付属しているセットアップCDROMをパソコンにセットします。


以下の画面が表示されるので「ログイン」をクリックします。


※上記画面が表示されない場合 http://192.168.1.1/左記をクリック又は、InternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。
以下の画面が表示されましたら、それぞれの項目に下記の内容を入力し、「OK」をクリックします。
ユーザー名 USER
パスワード USER
WebCaster720ログイン画面

設定画面が開きましたら、左メニューの「バーチャルサーバ」をクリックします。
WebCaster720メニュー画面

■バーチャルサーバでポート開放設定を行います。
まずバーチャルサーバ右横の▼ボタンから「有効」に変更し「追加」ボタンをクリック


バーチャルサーバ設定項目説明※ポート番号5000番(TCP)の単一ポート開放サンプル
1、バーチャルサーバ ▼ボタンから「使用する」へ変更します。
2、接続先 ▼ボタンらかポート開放するパソコンのIPアドレスを選択します。
3、プロトコル ▼ボタンから ユーザー定義を選択します。
※ユーザー定義以外に、予め用意されたWEBサーバ用の設定もあり、WEBサーバの場合はそちらを選択します。
4、入力開始ポート 例:5000
5、入力終了ポート 例:6000
6、出力開始ポート 例:5000 ※出力開始及び終了ポートはローカル内への出力になるので変更してもOKです。
7、出力終了ポート 例:6000 
8、サービス対応 例:TCP ※開放したいプロトコル種別を選択しますが、不明な場合オンラインゲームはUDP それら以外はTCPを選択してお試し下さい。
以上の様に設定出来ましたら「設定」をクリックします。
※広範囲に設定されたい場合例:5000-6000の間全て開放する場合のサンプルはこちら
Web Caster 720の広範囲ポート開放

上記の設定が完了出来ましたら、設定を反映する為ルータを再起動します。
ルータ再起動手順
ルータ設定メニューの「システム設定」をクリックします。



システム設定画面が表示されます。再起動項目にある「実行」ボタンをクリックします。
注意!!初期化の実行ボタンと間違えないようにしてください。間違えるとネットに繋がらなくなります


以下の確認画面が表示されます。「OK」をクリックしてルータを再起動して作業完了になります。

説明は以上です。


スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader



▲ページトップに戻る

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認





スポンサードリンク