Web Caster FT6000MN ポートマッピングの説明







Web Caster FT6000MN ポート開放説明です。このルータはポートマッピングにパソコンIPアドレスもしくはマックアドレスを指定してポートを開くことが出来るタイプのルータです。

PSPやPS3の無線機能でwifi通信USBをご利用の場合も同様にパソコンのIPアドレスを指定してポートを開くことにより解決します。※パソコンにファイヤーウォールが搭載されている場合、そちらの設定も変更もしくは無効化しなくてはいけません。ファイヤーウォールとXPやVISTAのファイヤーウォール解除もしくは変更設定は右上のポート開放トップメニューから参照下さい。

設定画面が開きましたら「詳細設定」項目の▼ボタンから「ポートマッピング設定」メニューをクリックしてください。


ポートマッピング設定方法
開いた画面の下の方に【NATエントリ編集】項目があります。開放したいポート番号を元にパソコンのマックアドレスを元に設定してみるサンプル。
エントリ番号:任意の番号を選択(他に設定が無い場合は1でOK)
変換対象プロトコル:TCP又はUDPを選択不明の場合はTCP/UDP両方選択
変換対象ポート:開放したいポート番号 単一の場合は5000 複数の場合5000,5001 カンマを使用
大きく開ける場合は5000-6000とすると指定した値間のポート番号は全て開きます
変換対象アドレス:マックアドレスが11-22-33-44-55-66の場合ハイフンを:コロンに変えて入力します。
※変換対象アドレスはパソコンのIPアドレスでもOKです。


以下はパソコンのIPアドレスで指定してみた入力例です。


ポート開放設定項目に入力が完了できましたら、必ず以下の手順で設定を反映させます。
1、編集ボタンをクリック
2、最新の状態に更新ボタンをクリック
NATエントリ項目欄に設定した値が表示されます。
3、必ず上記で表示されたエントリ番号設定にチェックを入れ
4、適用ボタンをクリック
5、登録ボタンをクリックしてルータが再起動します。
以上で設定完了です。ルータが再起動してネットに繋がるまで約1分程度要するので、2、3分してからポートが開いているかをチェックしてください。

説明は以上です。
links: NTTルータ一覧 / ポート開放トップ


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





▲ページトップに戻る

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認




スポンサードリンク