コレガ CG-BARMX2 バーチャルサーバ設定説明








COREGA CG-BARMX2 ポート開放の説明

設定前に開放するポート番号とパソコンのIPアドレスを調べてから設定作業を行います

ルータ設定画面へのアクセス方法
http://192.168.1.1/
上記をクリック又は、InternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。
ユーザー名パスワード入力画面が表示されるので
ユーザー名 root
パスワード 空欄(入力しなくてOK) ※利用者側でパスワードを設定した場合が設定したパスワードを入力
を入力し「ログイン」ボタンをクリックします。
※ページを表示出来ない等の不具合が発生した際は、InternetExplorerのツールからインターネットオプションを選択し「一時ファイルの削除」を行ってから再度試行。又は「Ctrlキー」を押しながら「R」キーを押してリロードしてみて下さい。

ルータ設定画面の左側メニュー「詳細設定」をクリックし、「バーチャルサーバ」をクリックします。
バーチャルサーバに指定したポート番号を開放する事が出来ます。


ポート開放設定サンプル。
接続先:▼ボタンをクリックして、表示されるパソコンのIPアドレスもしくはパソコンの名前を選択します。
※コマンドプロンプトから、ipconfig /all と入力しEnterを選択。表示される結果内容にあるHost Nameで確認出来ます。
サービス:WWWサーバ等の予め設定されているポート番号以外のものを開放する場合はユーザー定義を選択します。
ポート範囲:例 1000番を開放したい場合した図の様に入力し、広範囲に開放したい場合は↓の様に設定します
1000から1020まで全て開放したい場合「1000」-「1020」
プロトコル:TCP又はUDPを選択します。不明な場合は概ねTCPを選択。ネットゲームの場合はUDPを選択します。
備考:入力してもしなくてもOK
必要事項を入力出来ましたら登録をクリックし、追加された設定の値に間違いが無いかを確認し、ルータを再起動して作業完了です。
バーチャルサーバ

上記の設定が完了出来ましたらルータを再起動します。
再起動方法
ルータの電源を抜いて5秒程度してから電源を差し込む。
又はルータの設定画面左メニュー「管理」を選択します。
以下メニュー画面が表示されるので、再起動項目の「実行」ボタンをクリック

以下の確認画面が表示されるので「OK」をクリックするとルータは再起動します。


以上で設定完了です。

▲ページトップに戻る

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認