aterm WR6650S WR7850S WR6600H WR7800H ブリッジ化説明





aterm Aterm WR6650S WR7850S WR6600H WR7800H 共通 ブリッジ化説明
ブリッジ接続の簡易説明、ブリッジ化はルータ機能を停止して接続を行う事が出来るサービスです。
後から無線LANを追加されたユーザー様の多くは二重ルータ環境にあり、それが原因でオンラインゲームやサーバ公開等で、上手くポートが開かない事が多々あります。
無線中継しているAtermをブリッジ化すると、無線LANアクセスポイントして動作し二重ルータ環境を解消する事が出来ます。



ブリッジ化説明

まずAtermへアクセスします。
http://192.168.0.1/ 又は http://web.setup/
上記をクリックするとログイン画面が表示されます。
ユーザー名:admin
パスワード:一番初めに入力した任意のパスワード
以上を入力で「OK」をクリックするとクイック設定WEB画面を表示出来ます。

以下の「設定」をクリックします。


利用している回線を選択してチェックを入れます※FTTHは光ファイバー利用
解らない場合はその他にチェック
「次へ」をクリック


以下の画面「動作モード」項目の【使用しない】にチェックを入れ「次へ」をクリック


以下の設定が重要です。
【IPアドレス】のアドレス設定を間違えるとネットに繋がらなくなるので、主要な回線のサンプルを幾つか記載するので、参照して設定してみて下さい。
※サブネットマスクは何れも 255.255.255.0でOKです。


設定前の注意事項
※指定したIPアドレスが次回からAtermへのアクセス用IPにもなりますのでお控え下さい

フレッツ(WEBCASTER、RT-200KIごり用事)の場合
主にNTTご利用の方


ATERM(エーターム)やフラッシュWAVEの場合
主にイーアクセス、アッカ回線ご利用の方
※上記の機器をご利用の場合、通常の設定ではAtermを繋ぐ事が出来ません。もし万が一ネットに繋がらなくなった場合はモデムへパソコンを直接接続してデフォルトゲートウェイを確認し、パソコンを元の状態につなぎなおします。その上でATERMの無線LANのIPアドレスを確認したデフォルトゲートウェイアドレスの4桁目のみ200に変更し設定すると上手くつながると思います。


■YAHOOインターネットをご利用の場合
※もし繋がらない場合、192.168.4.200でお試し下さい。


■フレッツ光プレミアム(CTU)ご利用の場合
もしも繋がらない場合は、192.168.24.54辺りに変更してみて下さい。


それぞれ設定出来ましたら「設定」ボタンをクリックします。
その上でワープスターの無線LANアクセスポイント(親機)正面のPPPランプが橙点灯しているか確認し作業完了です。※点等指定無い場合は、インターネットに繋がっていない又は、何らかの設定ミスになります。


説明は以上です。

▲ページトップに戻る


スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認