バッファロー ルータ設定






バッファロー 無線ルータ 有線ルータ ポート開放の説明です。

※この機器をご利用の際、二重ルータの可能性があります。もしADSLモデムにルータ機能が搭載されている場合は、ブリッジ化で繋いで、ルータタイプのADSLモデムもしくはCTU等のポート設定を変更します。

バッファロールータの設定画面を開く方法は以下をご参照ください。
BHR-4RV エアーステーション  解らない場合は、デフォルトゲートウェイ(リンク先画像二番目参照)のIPアドレスをInterentExplorerのアドレス欄に入力し「Enter」キーを押します。

概ね → http://192.168.11.1/
上記でログイン画面を表示させる事が出来ます。

ユーザー名 root
パスワード 空欄
上記でログイン出来ます。





設定画面が開きましたら以下の手順でアドレス変換設定画面を開きます。

※【ポート変換設定】のタイプもあるのでご注意ください。
------------
詳細設定
------------
以下の
1、アドバンスド をクリック
※上記メニューが無い場合、詳細設定をクリック↓に進む。無い場合→ネットワーク対応アプリケーションをクリック
2、ネットワーク設定 (メニュー左)
3、アドレス変換 (メニュー左)
※ポート変換の場合有り
4、アドレス変換ルールを入力 ボタンをクリック
※ポート変換テーブルを入力ボタンの場合有り

設定手順 注意:画面の名称が異なる場合でも、入力項目が同じであれば設定方法も同じです。

1、新規 : 任意の名称を入力 例:ポート
2、プロトコル 「任意のTCPポート」 「任意のUDPポート」 を選択し 
3、【任意のポート】下項目に 開放したいポート番号を入力します。例:7000 例2、広範囲開放の場合は 7000-10000 ←の様に入力すれが7000〜10000まで全て開きます。
4、LAN側IPアドレス 手動設定: 例 192.168.11.5 
パソコンのIPアドレスはこちらから確認ください
5、左下の【ルールを追加】をクリックします。※【新規追加】の場合有り
アドレス変換設定画面


最後に以下の方法で、ポート開放設定を反映させて作業完了です。
設定反映方法 バッファロー



スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認