迷惑メール対策







OutlookExpress迷惑メールをそのまま削除する方法の紹介です。
今回の画面資料はOutlookExpress6を使用します
OutlookExpress5以上なら同じ設定で迷惑メールをそのまま削除することが可能です。
かつOutlookExpress終了時に削除済アイテムのメール(迷惑メール)を完全に削除してしまう方法です。

OutlookExpressにはメッセージルールと言う機能が有りまして、メッセージルールに迷惑メールに該当する
設定をすると、削除することが可能です。

※この設定で迷惑メールを全て排除することを保障するものでは有りません。又設定によっては受け取れるはずのメールが受け取れなくなる場合も有ります。
※ウィルスメール対策では有りませんのでご注意ください。
受信メールを開かなければある程度のウィルスメールに対しては有効ですが、ウィルスメールはOutlookそのものを攻撃するように作られていますので、一番良い方法はOutlookExpressを使わないのが一番のウィルス対策になります。

メッセージルールの画面の開き方
OutlookExpressの『ツール』を言うメニューをクリックし『メッセージルール』を選択します、
右側にメニューが表示されますので『メール』をクリックして下さい。下図参照



メッセージルールの画面の説明。
設定項目は1と2のみです3は特に何もしなくてOK
1、迷惑メールの条件を設定します。
2、上記で設定した条件に当てはまるメールをどうするのかを設定します。
(設定によっては削除ではなく、別のフォルダーに保存したり出来ます。)
※今回の説明は、ウィルス対策含めた設定にしたいので、プロバイダーの受信メールサーバーで削除する設定を説明します。




1の迷惑メールの条件を設定を説明します。
条件には沢山の種類があるので、主要な設定だけを説明します。
まづは上から二番目の『□件名に指定した言葉が含まれている場合』からせってイしたいと思います。
『□件名に指定した言葉が含まれている場合』にチェックを付け3のルールの説明欄の
『指定した言葉が含まれる』(青い文字の部分)をクリックして下さい。

※この設定はメールメッセージの件名に当てはまる条件を設定します。



『指定した言葉が含まれる』の条件設定
ここは余り範囲を広く設定してしまうと、受け取りたいメールも受けとれなくなる場合が有りますので注意が必要です。
広告・宣伝・SEXなどの文字例を一文字づつ入力し右側の『追加』をクリックすると下の単語欄の反映されます。
もし間違えた場合などは、間違えた単語をクリックして右メニューの『削除』で削除できます。
設定が完了したら必ず単語入力画面右下の『OK』ボタンをクリックして下さい。
※オプションは設定する必要は有りませんが、特殊な設定をする場合はオプションも設定した方が良いでしょう。




単語の入力が完了したら反映されているかをチェック
ここの設定はこのくらいでOKです。余り条件を増やすと本来受信しないといけないメールまで削除になります。


まだまだ設定は有ります。では次のページを見てください。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader