プラネックス BRL-04G 設定





プラネックスのルータを利用されていて、サーバ公開やオンラインゲーム、ストリーミング、共有ツール等が利用出来ない場合、ポート開放設定をルータに行う事で改善する場合があります。

BRL04Gシリーズは、ローカルサーバ項目からポート開放設定を行う事が出来ます。

ポート開放設定手順の説明
まず初めにパソコンのIPアドレスを確認(確認方法はこちらを参照)、及び開放したいポート番号を確認します。

ルータ設定画面ログイン方法【 http://192.168.1.1/ 】
上記をクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。
ログイン画面が表示されるので
ユーザ名→ 空欄(何も入力しません)
パスワード→ password
【OK】をクリックすると表示されます。

※IPアドレスを固定して設定されてもOKです。その際必ずデフォルトゲートウェイの確認を行ってから、パソコンのIPを固定設定してください。
固定方法の詳細説明はこちらXP、2000 98、ME

設定画面が開きましたら
ルータ設定メニューの【詳細設定】を選択し【DMZ設定】を選択します。

ローカルサーバの追加画面が表示されます。
Method:ポートにチェックを入れます。※通常のWEBサーバ用ポートを開放する場合はアプリケーションを選択。
プロトコル:TCP又はUDPを選択 不明な場合、オンラインゲーム以外は概ねTCPを選択。
1つ指定/範囲指定:範囲指定を行うと設定したポートを全て開放できます。
ポート番号(範囲指定の場合):3000〜4000と入力すると、3000から4000まで全て開放されます。
ローカルサーバIPアドレス:ポートを開放するパソコンのIPアドレス。
設定出来ましたら【追加】をクリックして設定完了です。


単一ポート(ポート番号を一つだけ開放する場合のサンプル)開放サンプル。

説明は以上です。

ページトップに戻る

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認