ネットラジオ WINAMP 初期設定確認方法
ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認








WINAMP と SHOUTcastDSP】を利用した方法で、放送局を開始したい場合、ポートを開くよりまずストリーミングが正しく開始されているかを確認する方法です。

アタマニキタドットコム様にある、ラジオ放送局解説で初期の立ち上げ確認の説明です。
※最低限の設定が出来た上で、ポート開放確認を行うとスムーズな開局が可能かと思います。
必要なツール
WINAMP(配信側、リスナー側双方必須)
http://www.download.com/Winamp/3000-2167_4-10508731.html

SHOUTcast server

ShoutCast Server V1.6.0b1

サーバiniを編集するサクラエディータ
設定方法や編集方法等は、冒頭のサイト様を参照下さい。

>>設定手順メニュー
トップ(IP固定)マイアドレスで視聴してもらう方法


まずWINAMPの設定です。
【connectior】の項目です。アウトプットを任意に選択し「2がベストとの事ですが・・」エンコーダーを0以外のものを指定します。他は変更不要


クリックして、自分のグローバルIPアドレスを確認


【Yellowpages】を選択し
DescripionとGenreに任意の名称を入れます。(深い意味はありません。詳細を知りたい方は専門のサイトを確認)
次にここが肝心です URL に グローバルIPアドレスを入力します。入力方法は以下の通り
http://貴方のグローバルIPアドレス:8000/
例 http://218.110.127.8:8000/
初めての方はまずこの設定で開局を確認します。サーバを起動し設定出来ましたらConnectをクリック


サーバを動作し、以下の表示になるかをご確認下さい。
<05/07/06@17:00:20> [source] listening for connection on port 8001
<05/07/06@17:00:20> [main] client thread starting
上記のメッセージが常時されましたら正常


次にWINAMPの状態
以下の数値がカウントされだすと、既にストリーミング開始状態です。


まず全ての設定作業が確認出来ましたら。
サーバと、WINAMPのコネクションをクリックし以下の様に動作しているかを確認します。

http://127.0.0.1:8000/
上記をクリックします。
以下の画面が表示されましたら、もう配信出来ています。【listen】をクリックして声が配信されるか確認できます。
リスナーの皆さんには、上記で確認した
http://貴方のグローバルIPアドレス:8000/ へアクセスしてもらう事によりテスト運用可能になります。
クリックして、自分のグローバルIPアドレスを確認
もしも、外部から見れない場合は、プロトコル TCP  ポート番号 8000 を開放してください。



スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader