WinnyやShareの速度が遅いのは古いパソコンが原因です






スポンサードリンク

winnyやShareの速度が異常に遅い原因
一番多くの原因(フレッツ光プレミアム契約者様)は、ウイルスバスターOEMバージョンをセットした事による、データ受信時のウイルス検査による事が原因です。
またP2Pはパソコンをサーバーとするので、貴方がリクエストしたデータのみが受信されるのでは無く、P2Pユーザーがデータ情報を全て共有し、ユーザーが意図しないデータも送受信されます。よってパソコンの性能が低い場合、サーバー機能の働きは悪くなり、更なる速度低下の原因となります。まず速度が欲しいならパソコンも新しいものを用意しなくてはなりません。

何故パソコンの性能が低いとWinnyやShareの速度が出ないのでしょうか?
理由は簡単
車に例えてください。ぼろの軽トラック等で東名高速自動車道路で時速200km出ないと同じ論理です。
光ファイバーは東名高速道路です。ぼろの軽トラックは速度の出ないWinnyをセットしたパソコンになります。パソコンと光ファイバーインターネットは別物。光ファイバーはスピードの出るデータを流れる道であり、それを生かすも殺すもパソコンになります。


貴方のパソコンが光ファイバーをフルに活用出来るかの指標です
高速インターネット(WinnyやShare含む)で一番重要な関連パーツはHDD(ハードディスク)になります。
ハードディスクのデータ読み込み書き込み速度が遅いと、貴方のパソコンでは光ファイバーの速度を十分生かしきれません。

特に外付けハードディスクは注意が必要

外付けHDDは7200rpmタイプで高速だ!と主張もあるかもしれません。
しかし外付け=USB2.0を利用している場合が多く、このUSB2.0の通信速度は最大480Mbpsしかありません。これは内部処理されたデータからUSBハードディスクへの通信速度になり、わずか480Mbps/8=60MB/秒しかありません。

ちなみに現在最新のSATA内蔵ハードディスクのデータ通信容量は1.5GB/秒です。UATAのデータ通信速度でも133MB/秒あるのでUSB2.0との差は歴然になります。

さらに追い打ちを掛けるウイルス対策ソフト

パソコンウイルス対策ソフトウェアはご存じの通り、外部からパソコンのハードディスクに入り込む前にデータを検査するソフトウェアです(ウイルスバスターやノートンアンチウイルス、ウイルスセキュリティー等)
通常パソコンウイルス対策ツールの導入が無い場合、これらのデータは何の障害も無くパソコンのハードディスク(内蔵、外付け関わり無く)保存されます。


パソコンにウイルス対策を施す事で、通常のデータ通信速度から最低7割程度に落ちます。
インターネットダウンロード速度計測サイトで計測するのは主に比較的小さなデータ(大きくても1MB程度)で計測する為、セキュリティーソフトによる影響まで計測する事は出来ません。

例えばパソコンに500MBのデータをダウンロードする場合、ウイルス対策ツールはHDDへ保存する前に500MB分のウイルス検査を行ってからHDDに保存する事になり、高性能なプロセッサと大容量のメモリを搭載していなければ、仮想メモリへのアクセスが増大しダウンロード速度が極端に低下する原因となります。


WinnyやShare関わらず、光回線の高速通信を生かすには

答えは簡単新しいパソコンに買い換えてください。
Windowsの多くはサポート終了製品でもあり、もはや交換するパーツさえなくなりつつあります。
特に未だWindows98やMEを利用されている方は至急買い換えで対処してください。パソコンの本体だけなら3〜4万円でものすごく高速なネットを楽しむことが出来ます。

お勧め光ファイバーにぴったりのパソコン。Winnyにも最適パソコンスペック

CPU:Core2Duo 動作クロック数はあまり高く無くて良いです。デスク:1.86GHz ノート1.66GHzがベスト
プロセッサが二個内蔵されているマルチプロセッサです。最大4命令同時処理対応でマルチタスクに非常に強く、大容量データやパソコンウイルス対策を導入していても、データをパラレル処理する事が出来るのでサクサクダウンロードする事が出来ます。
メモリ:1GB
WindowsXPやVISTAだと最低、512MB程度のメモリ容量を消費します。処理の遅いプロセッサなら2GBは必要
HDD:SATA推奨
データ転送容量最大1.5GB/秒あれば、データのダウンロード遅延は皆無。容量面では、デスクトップでは160GB以上、ノート80GB以上を指標にすると良いでしょう。溢れたデータはDVDRAMに保存↓参照
ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
スーパーマルチドライブは全てのDVDへの書き込み読み込みが可能で、特に書き込みソフトが不要でHDDの様に取扱出来るDVD-RAMへの書き込み読み込みが出来るので最適です。

光ファイバーインターネットはもちろんWinnyも快適な性能取り揃えが豊富なお勧めオンラインパソコンショップ。
WINNYやShareに最適ノートパソコンなら
Dell
【マウスコンピューター】ノートPC一覧
デルやマウスコンピュータのノートなら10万円前後のタイプを選ぶといいでしょう。スペック面では、ダウンロードファイルを解凍する事が多くなると思いますので、インテルプロセッサCore2Duoを内蔵しているパソコンがお勧めです。また3Dゲーム関連も併せてお考えならグラフィックパーツにGeForceという文字の記載のあるタイプを選ぶ事で3Dゲームにも対応する事が出来ます。OSはVISTAでもXPでも気にしなくて良いでしょう。後はHDD容量ですね。ノートなら160GBから250GBを目安に。HDDが満杯になってきたら外付けHDDをUSBケーブルで接続して簡単に増設できます。

デスクトップならずばりドスパラのパソコンで決まりです。ショップオリジナルモデルですが、性能はばっちり私もドスパラのパソコンを3台所有していますが一番長い製品でもう5年以上軽快に動いています。
購入するならこちらの液晶セットモデルが良いと思います。モニタは今のパソコンのものを使うなら本体のみみもあります。
購入目安ですが、出来ればクアッドコアが望ましいですが少々高価です。コストを抑えて購入されるならデュアルコアプロセッサ採用タイプが良いでしょう。Core2DuoEシリーズ7000か8000が狙い目。CeleronモデルとAthlonは買ってはいけません、ZIPやRARファイルの解凍が遅いです。予算に余裕があればGeForce搭載のものを買うと良いでしょう。巨大な画像データを瞬時に表示できますし、3Dゲームもプレー可能になります。

前のページに戻る


▲ページトップに戻る

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader

ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認