XP ServicePack2 ファイアウォール設定
ルータメニュー
ルータ一覧トップ
設定BBS
IPアドレス確認








ポート開放設定しても、ポートが開かない場合
WindowsXP標準のファイヤーウォール設定を変更すれば、概ね改善する事が出来ます。

windowsXPをご利用の場合、以下の方法でポート制限を解除する事が出来ます。
※XPのServicePackバージョンによっては以下の説明とは異なる場合があります。InternetExplorerの「ツール」→「WindowsUPDATE」を実行し、XPを正しいバージョンにアップグレードすると以下の説明を参照する事が出来ます。






XPセキュリティーセンタから設定するのでまず「スタート」→「コントロールパネル」をクリックして開きます。
XPコントロールパネル

セキュリティーセンターをクリックします。
※表示が多少異なる場合があるかもしれません。


Windowsファイヤーウォールをクリックします。
※右上のファイヤーウォール【無効】表示の場合は、既にファイヤーウォールは解除状態なので設定してみ無意味です。


ファイヤーウォール設定画面が表示されましたら
例外」をクリックし「ポートの追加」をクリックします。


以下の項目に設定します。
名前:任意の名称 例:ポート開放サービス
ポート番号:開放したいポート番号を入力 例:8000番開放の場合 8000と指定。
※指定出来るポート番号は一個のみです。
開放するプロトコルを選択します。「TCP」又は「UDP」にチェック
以上入力出来ましたら「OK」をクリックします。


指定した開放設定の名称にチェックが入っているかを確認の上「OK」をクリックして設定完了です。



どうしても開放できない場合。Windowsファイヤーウォール無効化設定方法
XPセキュリティーセンターからファイヤーウォールメニューを開き(ページ先頭で開き方説明済み)以下の「無効(推奨されません)」をクリックしてチェックを入れ「OK」をクリックすれば設定完了です。
XPファイヤーウォール無効化

▲ページトップに戻る

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader