LogMeInクライアント側停止とアンインストール方法






LogMeInクライアント側停止方法とアンインストール方法の説明です。

スポンサードリンク

LogMeInを通常アクティブにしておく事は危険です。念の為リモートサポートを受けない場合は、非アクティブの状態(通信停止)又はアンインストールするようにします。

Windows画面右下
LogMeInのアイコンが表示されています。
下図の状態では、何時でもリモートアクセス状況下にあります。
LogMeInアクティブな状態。


上記の状態から、LogMeInのネットワークから切断します。
LogMeInアイコンを右クリックします。
メニューが表示されるので「DisableLogMeIn」をクリックします。
ログミーイン 切断

LogMeInを非アクティブする確認画面が表示されます。
「Yes」を選択すれば、LogMeInは通信を切断します。



Windows右下のアイコンがこのような状態であれば、LogMeInでのリモート接続は出来ない状態になり、安全です。


LogMeInをアクティブにるす場合(繋ぐ場合)

画面右下のアイコンを右クリックし、EnableLogMeInをクリックすればリモート接続出来る状態になります。
※インターネットに繋がっていなくてはなりません。



LogMeInをパソコンから削除する方法(アンインストール方法)
まず開いているブラウザ(InternetExplorer)を全て閉じます。
Windows左下「スタート」→「コントロールパネル」→「プロググラムの追加と削除」をクリックします。
LogMeInのアイコンをクリックし、右側の削除をクリックします。


以下確認画面が表示されます。必ずLogMeInを選択しているかを確認の上「はい」をクリックしてください。


以上でリモートツールの削除は完了です。
LogMeInに登録した電子メールアドレスとパスワードは削除されません。再度リモート操作してもらう場合は、再インストールすればすぐに利用する事が出来ます。

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





ページトップへ