gFTP使い方

このページはフレーム形式です。メニューを表示するにはここをクリック







スポンサードリンク


FTP転送ソフトgFTPの使い方の説明。

画面左下の赤い帽子のメニューから【 インターネット 】をクリック→【 他のインターネットアプリケーション 】をクリックすると、幾つかメニューが表示されます。その中の【gFTP】を選択すると、FTP転送ソフトが起動します。予めUNIXサーバーやRedHatサーバーにanonymousで接続出来るようになっており便利です。UNIXサーバーやRedHatFTPサーバーに接続するにはブックマークから接続先サーバー名を選択して右上のPCの絵が二個のボタンをクリックすると接続されます。
接続を切断するには右上の「リモート」から「切断」を選択すれば、接続を切断することが出来ます。


FTP接続方法
■ホスト名:接続先FTPサーバー名を入力(例:ftp.redhat.com)
■ユーザー名:FTPアカウント名(FTPサーバーにログインする際のユーザーID)
■パスワード:FTPパスワード(FTPログイン用のパスワード)
それぞれを入力して、左上の接続ボタンをクリックします。


上手く繋がりましたら、接続先サーバー情報が右側の画面に表示されます。
ユーザーのPC→サーバーにアップは、gFTP画面の真ん中の右三角ボタンをクリックするとアップロード出来ます。
ダウンロードはその下の左三角ボタンでサーバー→ユーザーPCにダウンロードが可能です。



万が一、ログイン後に接続先サーバー一覧の取得が出来ない場合は以下の設定を確認して下さい。
gFTPメニューの左上【 FTP 】→【 オプション 】を選択すると以下の画面が表示されます。
オプションメニューの【 FTP 】を選択して、【 Passiveファイル転送 】のチェックを外し、右下の【 適用 】→【 保存 】を選択して設定を反映させた上で、再度接続を試してみてくださいね。


このページはフレーム形式です。メニューを表示するにはここをクリック

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader